Kiba Park, Tokyo

GIOSのミニベロが集まって走ったよ

saruverasaruvera

今年、GIOSは創業70周年、ミニベロのラインアップ大規模変更からも10年を迎えました。そんなアニバーサリーイヤーなので、GIOSミニベロのオーナーズミーティングを企画。GW最終日、この趣旨に賛同してくれた方々が、会場の木場公園へ集まってくれましたよ。
 
この日の予定は、第1部が参加者同士のミニベロ談義(愛車紹介・情報交換会・撮影会)、第2部が臨海ポタリング(お台場・若洲方面を1周)。いつものサイクリングとは異なる試み、はじめて会う同好の士に、ワクワクしながら愛車GIOS FELUCAで木場公園へ。どんなGIOSミニベロと出会えるかな?
 
木場公園の木陰に佇む GIOS FELUCA連休中の朝方とあって交通量の少ない都内を進み、集合時間の30分前に木場公園へ到着。GIOS FELUCAを木陰に停めて、近隣住民の太極拳を眺めながら参加者を待ちます。さわやかな空気が心地いい

第1部:参加者7人のミニベロとカスタムポイント

この日の参加者は合計7人。GIOSミニベロのオフ会という名目だけど、それ以外の車両も大歓迎としたので、いろいろなミニベロが一堂に会する楽しいオフ会になりました(GIOS×4台、他メーカー×3台)。それでは、集まったミニベロを1台ずつ見せてもらいましょうかね。
 
KONさんの GIOS FELUCAチーム小輪爺メンバーKONさんのGIOS FELUCAは、R3000系SORAや小型ディレイラー台座などを標準装備した2017年型。ホワイトの車体色にこだわり、サイコンとセンサーもホワイトで統一してます。ポタリングでの使用が多いため、どこでも停められるセンタースタンドは必須装備
 
フーライボーさんの GIOS PANTOフーライボーさんのGIOS PANTOは、7800系コンポに7410系ヘッドパーツと6600系クランクを組み、TA製60/46Tチェーンリングで大径化。TOKENホワイトカーボン巻ステムに装着したハンドルはDEDA CRONONERO TEAMで、シフターに7900系バーコン、ブレーキレバーにTyrell製を採用してます
 
saruveraの愛車 GIOS FELUCAおなじみ、saruveraの2010年型GIOS FELUCA。コンポを6700系ULTEGRAに換装して10速化し、クランクセットのみデザイン優先で6600系へ再交換してます。現在、経年劣化と思しき変速不調を抱え、検査入院を控える状況。詳しいスペックはコチラに記載してます
 
SADAさんの愛車 GIOS FELUCASADAさんのGIOS FELUCAは2011年型で、コンポを3400系SORAから4500系TIAGRAに換装して総合力を強化してます。サドルをfi’zi:k Arioneに換え、バーテープも白色に変更し、車両全体を青/白ツートーンでカラーコーディネート。青色アルマイトで統一したスモールパーツが、アクセントを添えます
 
まりぽさんの Pocket Rocket Proチーム小輪爺メンバーまりぽさんは、Pocket Rocket Proに自作のGIOSロゴを貼り付けて登場。ポケロケ愛好家が失神しそうなステッカーチューンですな。その実、R390リムの手組みホイールにRECON製ワンピーススプロケットを合わせた長距離巡航仕様。革サドルの風合いも育ってきました
 
misaさんの Tyrell SVKitt design製カーボンバトンホイールが目を引く、misaさんのTyrell SV。6600系クランクに組み合わせたチェーンリングKCNC K-TYPE K2(58/44T)も異彩を放ちます。肉抜きされまくったKCNC製ブレーキや野口商会マウントホルダーなど、フレーム同様トラス形状のパーツの数々もステキ
 
sambeさんと愛車の Billion Lionelそしてチーム小輪爺のsambeさんも、BILLION LIONELを駆って参加してくれました。今日のオレはGIOSブルーの血が流れてる。エンゾ早川も裸足で逃げ出す人体改造発言で、GIOSアニバーサリーの濃度を高めてくれるのでした。ありがたい存在です

第2部:ミニベロ集団で走る東京臨海ポタリング

参加者と愛車の紹介を兼ねたミニベロ談義が落ち着いたところで、GIOSミニベロオーナーズミィーティングは第2部の東京臨海ポタリング(ルートはコチラ)へ移行。ミニベロだらけの隊列で、古今の東京港町をポタポタ。9:20過ぎに木場公園を出発し、お台場のダイバーシティ東京へ向かいます。
 
東西線車庫の北側で塩浜通りへ出る木場から須崎を南下して、メトロ東西線の車両基地の北側で塩浜通りへ。そのまま枝川から豊洲へ西進して、ゆりかもめに沿ってお台場方面を目指します。大小の運河をいくつも越え、やってきました隅田川河口。東京湾からの潮風が漂います
 
豊洲市場を左手に富士見橋で東雲運河を渡河豊洲市場を左手に見ながら、富士見橋で東雲運河を渡河。進行方向にレインボーブリッジと未来的なビル群が見えてきました。ちょっと非日常的な風景に気分が高揚し、ペダルを回す脚も軽くなります。この橋を下って有明テニスの森を右折すれば、その先はお台場だ!
 
お台場へやってきた渋滞してきたクルマの脇をそろそろと抜けて、お台場海浜公園駅前へ。この辺は観光地とあって、朝から人手が多いですな。日差しもキツくなってきたし、早く日陰で涼みたいよ。そんな思いでフジテレビ前の台場交差点を左折し、ダイバーシティ東京の駐輪場へ駆け込みます
 
ダイバーシティ東京のユニコーンガンダムとご対面ってなことで、10:00にダイバーシティ東京へ到着。実物大ユニコーンガンダム立像と対峙するときがやってきました。が、参加者一同のガンダム熱は高くなく、ふ〜んとあっさりした感じ。とてもじゃないけど「ガンダム顔が現れるデストロイドモード発動まで1時間待とうよ」なんて言えない空気……
 
都道484号を東進して東雲へ後ろ髪を引かれる思いで、次の目的地へ向けて出発。ヴィーナスフォート南側の都道484号へ出て、荒川右岸まで東進であります。有明〜東雲〜辰巳〜新木場と、トラックターミナルや倉庫が並ぶ広い道をポタポタ。休日ならではの静かな倉庫街を通り抜けます
 
東京ゲートブリッジが見えてきた新木場の東端で右折し、東京湾に突き出た若洲(東京湾埋立15号地)方面へ南下。海風に抗いながら前傾姿勢を深くして走るうち、道は砂町南運河の南でフェンスに覆われた姿に一変。東京ゲートブリッジへ駆け上がる道筋から分岐し、橋桁の下をグルっと周って若洲海浜公園へ到着
 
東京ゲートブリッジとジャンボジェット機若洲海浜公園に到着した一行は、海辺の東京ゲートブリッジの足元まで移動。恐竜橋とも呼ばれる巨大で特異な橋を眺めつつ、初夏の潮風を楽しむのでありました。11:30を過ぎ、日差しは強さを増すばかり。こりゃあ堪らん。公園内のサイクリングコースを1周して、ゴールの木場公園へ向かうとしよう
 
倉庫が並ぶ明治通りを北上新木場駅の西側まで戻り、倉庫が並ぶ明治通りを南砂まで北上。そして葛西橋通りを西へ走り、木場公園を目指します。本来は清橋通りで西走する予定だったのに、道を間違えて左折しちゃった。些細なルートミスだから勘弁してね☆と自己弁護
 
ワールドネイバーズカフェ清澄白河ともあれ、木場公園の東向いに建つワールドネイバーズカフェへ到着。エアコンが効いたカフェで休憩するのもいいけど、せっかくの好天気。ランチをテイクアウトして、公園のベンチで昼食会にしよう。意識高い系の人々に混じって、ミニベロおやじ一行はシャレオツなサンドウィッチを注文
 
ワールドネイバーズカフェのWNCサンドウィッチとエルダーフラワーサワーsaruveraが注文したのは、WNCサンドウィッチとエルダーフラワーサワー。店名を冠したサンドは、ポークソテーと2種のチーズの旨味とコクを、オレンジがさわやかに包んでます。これウマイぞ! エルダーフラワーとグレープフルーツで作ったサワードリンクも美味。ちょっと高いのが難点かな
 
これまでになくオシャレでオーガニックなランチをしながら、ミニベロ談義に興じるオヤジたちでありました。こんな連休最終日もイイものですね。またの集いを約束し、帰宅の途に着きました。みなさん、ありがとうございます。この日の総走行距離は約43.5km、ポタリングのルートはコチラです。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


SHARE

GIOSのミニベロが集まって走ったよ