ウイスキー梅酒を仕込むよ

saruverasaruvera

6月初旬、近所のスーパーに青梅が並んでました。もう、そんな時期かあ。ちょっと時間ができたから、2年ぶりに梅酒を仕込もうかな。だったら、前回のブランデーベースとは違う風味にしよう。ということで、南高梅・ウイスキー・氷砂糖・黒糖を抱えて帰宅しました。
 
saruvera式 黒糖ウイスキー梅酒のレシピ

生梅(南高梅)1kg
黒糖(固形)300g
氷砂糖200g
ウイスキー(ブラックニッカ クリア)1.8リットル
ソーダガラス密封ビン4リットル容量
甲類焼酎(梅の殺菌用)適量
無水エタノール(器具の殺菌用)適量
 
青梅を水に浸けてアク抜きまずは買ってきた1kgの南高梅をジャブジャブ洗い、水を張ったボウルに2時間ほど浸けてアクを抜きます。アク抜きの間に、仕込み用の密封ビン(4リットル容積)を無水エタノールで消毒
 
アクを抜いた青梅のヘタを竹串で除去水に浸けて2時間後、アクが抜けた梅のヘタを竹串で除去。次にキッチンペーパーで丁寧に水気を拭き取ります。地味だけど、雑味と腐敗を防ぐために欠かせない作業です
 
水気を拭き取った青梅を焼酎で殺菌水気を拭き取った梅は、無水エタノールで消毒したボウルに移して殺菌作業。アルコール度数の高い蒸留酒を、梅の表面にムラなく触れさせます。今回は冷凍庫の奥に眠ってた大五郎を使用w
 
梅1kgに対して砂糖500g(氷砂糖200g+黒糖300g)砂糖は浸透圧で梅のエキスを引き出すために使うので、ゆっくり溶ける塊状のものがベスト。今回は標準値(梅の半量)になるよう、氷砂糖200g+黒糖300gの計500gを使用しました
 
梅と氷砂糖・黒糖を交互に積み重ねるいよいよ密封ビンに、梅・黒糖・氷砂糖を交互に積み重ねていきます。砂糖の量が多いほど早く完成する反面、甘口になります。今回は半年が目安かな? 年末が楽しみです
 
今年の梅酒はブラックニッカクリアで仕込むここで仕込み酒の登場。今年はブラックニッカ クリア 1.8リットルを使います。ノンピートでスモーキーフレーバー皆無というマッサン激怒モノなウイスキー。クセがなさすぎて普通に呑むには物足りないけど、梅の風味を生かす梅酒の仕込み酒には適してます
 
ウイスキー梅酒を半年ほど寝かせるそんなブラックニッカ クリアを梅・黒糖・氷砂糖を積み重ねた保存ビンに注ぎ入れ、蓋を密封すれば仕込み作業は完了。あとはビンを冷暗所に置き、梅のエキスが染み出すのを待つばかりなり
 
仕込みが終わったところで、SADAさんから「梅狩りにおいでよ」と着信。ぬお〜、もうちょっと早く声をかけてもらえれば、狩りたてのグレイトな越生の梅で仕込めたのになあ! それは来年のお楽しみとし、ウイスキー梅酒の仕上がりを待つとしますか。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

2 Comments

  1. SADA
    2017.6.22 at 13:23 — 返信

    声かけ遅くなってごめんね。
    なんかバタバタで・・・。

    来年は早めに声かけるよ!

    連絡なかったら逆に声かけてください。

    • 2017.6.25 at 22:33

      >SADAさん
      すみません。お気遣いいただきまして、ありがとうございます! 来年の梅狩り@越生を楽しみにしています。その前に、年末の利き梅酒会ですね ( ^ω^ )

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


SHARE

ウイスキー梅酒を仕込むよ