劣化ケーブルを交換するなら、話題の 日泉 SP31 にしちゃえ

saruvera

あれはイイものだ。って、一様にマ・クベ大佐みたいなことを言うんですよ、周囲の日泉ケーブル(NISSEN)の使用経験者が。曰く、レバーの引きが軽くなった、コントロール性が高まった、タッチが滑らかでクセになる……。そこまで伝道されたら体感したくなるじゃないか。
 
もともと GIOS FELUCA の劣化したワイヤー類を全交換しようと計画してたので(2年前から!)、噂の日泉ケーブル製 “SP31 を調達してみました。価格だけ見ると、シマノのSIL-TECと同レンジって感じですかね。オプティスリックよりちょっと高い。
 
日泉ケーブル SP31 シフトケーブルで、これがシフト用の日泉SP31スペシャルステンレスインナーケーブル。太さが異なる31本の素線を撚り合わせて素線同士の接触密度を高めることで、しなやかでコシと高強のあるケーブルを実現してるそうです。通常のインナーケーブル(19本撚り)比で10%ほど強度が増してるんだとか
 
日泉ケーブル SP31 ブレーキケーブルブレーキ用の日泉SP31スペシャルステンレスインナーケーブルも、同じく31本ウォーリントンシール撚り。アウターはブレーキ用/シフト用ともに、これまたしなやかな弾力のステンレスアウターケーブル(ライナー入り)平線タイプにしました。全19色のうちクリアーブラックをチョイス
 
日泉ケーブル SP31 ブレーキケーブルSP31インナーケーブルの表面は、とても心地いい滑らかさ。サラサラとヌルヌルの中間って感じ。ケーブル表面を削って真円に近づけるスリック加工をしたうえで電着コーティングしてあるそうです。一方、アウターケーブルは素線をコイル状に巻いた構造なので、しなやかに曲がるんでしょうね
 
日泉ケーブル SP31 ブレーキインナーケーブル束ねたSP31インナーケーブルを握ると、軽い抵抗力を伝えながら素直にたわみ、離すと瞬時に元通りになる弾性を見せます。ケーブルの結束を解くや、スルスルと直線になっちゃう伸直性。こりゃあスムーズな動作が期待できますなあ。あえて欠点を探すなら、スモールパーツが付属しないことくらいか
 
fi'zi:k Tempo Bondcush soft バーテープアウターケーブル交換に伴い、バーテープも新調しなければなりません。革のような手触りが気に入ってた fi’zi:k Performance Classic を再購入しようと思ったら、ラインアップがモデルチェンジしてたのね。ならば、スエードみたいな手触りという fi’zi:k Tempo Bondcush Soft を試してみようか
 
fi'zi:k Tempo Bondcush soft バーテープfi’zi:kバーテープは、走行用途3タイプ+テープ厚3タイプ+表面質感3タイプというラインアップ構成になってます。なので今回のチョイスは、Tempo:一般ユース向けの高耐久仕様 + Bondcush:裏面パッド付き3mm厚 + Soft:吸湿性が高いスエード調 ということになります
 
サイクルスタジオ ハクセン に入院した GIOS FELUCAということで準備完了。ケーブル類とバーテープをバッグに詰め、あらかじめ店舗調達資材と持込資材の調達分担を相談しといた御徒町ハクセンへ、愛車 GIOS FELUCA 同伴で向かいます。購入10年目を迎えるFELUCAちゃんは、ケーブル全交換と各所チェックで10日ほど入院することになりました
 
さて、日泉ケーブルを導入したFELUCAちゃんのシフティングとブレーキングは、果たしてどのくらい快適になるのか。退院する日を待ちわびながら、しばしテストライドする場所を考えるとしますか。ああ、早く走りに行きたいなあ(次回に続きます)。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

劣化ケーブルを交換するなら、話題の 日泉 SP31 にしちゃえ