Sashiogi, Saitama

ツール・ド・うどん 武蔵野きのこ汁[後編]

saruvera

伊佐沼庵で武蔵野きのこ汁うどんを食べ、腹ごなしに川越電気鉄道の廃線跡を巡ったミニベロ珍道中も、いよいよ終盤。このまま荒川左岸のCRを南下するかと思いきや、川越線の南で土手を下って寄り道。その行き先は、古民家カフェVIAでありました。
 
cafe VIA 前に佇む GIOS FELUCA と MICHEL 801築80年の古民家を改装したカフェVIA。2015年1月のオープン当初から来たかったお店です。逸る気持ちを抑えて木製バイクラックにGIOS FELUCAMICHEL 801を駐輪
 
サイクルジャージのクッキーがラブリーVIAの注文カウンターで見つけたサイクルジャージのクッキー。プロチームに加えて、総北高校箱根学園も。オーナーの娘さん手作りの品だそうです。非売品なのが残念!
 
cafe VIA しまなみレモネードサイクリスト仕様の濃口な「しまなみレモネード」を飲みながら、小一時間ほど過ごさせていただきました。ゆったりとした時間が流れる心地いいカフェですね
 
荒川峠!南風に抗いながら荒川左岸を南下オヤジ3人でスイーツ(笑)な一時を過ごした後、SADAさんと別れて荒川CRを南下。が、戸外は南風が吹き荒れる “春の荒川峠”。いくらがんばっても17km/hが限界
 
彩湖畔に佇むミニベロ2台向かい風に脚力を削られまくったsaruveraとmontaくんは、 先頭 風除け役を巡って、醜い牽制合戦を展開。身も心も疲れ果てて彩湖に戻ってきました
 
みはらし茶屋の上流から雨雲に覆われた都内を望む家族連れで賑わう彩湖を後にして、荒川CRの南下を再開。戸田橋でmontaくんと別れ、16:00頃にみはらし茶屋へ。都内方面を覆う雨雲に、ちょっとげんなり ( ;´Д`)
 
走行距離100kmで我家に到着雨を気にしながら扇大橋で荒川CRを離れ、尾久橋通りで上野方面へ。都内はひと雨降った後のようで、安堵して浅草橋に帰還。ちょうど自宅前で総走行距離が100kmに到達
 
今回のルートマップはコチラ。荒川CRみはらし茶屋をスタート/ゴールにしたコース全長は76.5kmです。川越電気鉄道の駅があった場所も記載しておきました。次戦のstg.3は4月開催予定(開催概要は近日公開)。みなさんの参加をお待ちしてます!
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

ツール・ド・うどん 武蔵野きのこ汁[後編]