Isanuma, Saitama

ツール・ド・うどん 武蔵野きのこ汁[前編]

saruvera

3月初頭の日曜日、ツール・ド・うどん(TDU)stg.2[武蔵野きのこ汁うどん]決行日がやってきました。前日までの心配を覆す小春日和に安堵したのか、思いっきり寝坊をかますワタクシ。8:00集合なのに、目覚めたらジュウオウジャーが放送中でした…orz
 
みはらし茶屋(旧レストランさくら)に1時間遅れで到着慌てて参加者に連絡した後、急いで身支度をして家を飛び出すsaruvera(主催者)。定刻から1時間遅れの9:00に集合場所のみはらし茶屋へ到着。当然、誰もいないわな……
 
春めいた陽を浴びながら荒川左岸を遡上なあに、第2集合場所の彩湖トイレ前へ10:00までに到着すれば何とかなる。そんなに焦ることはないさ。この春めいた陽を浴びながら走ることを楽しもうじゃないか
 
彩湖のトイレ前はサイクリストでいっぱい9:50頃、彩湖トイレ前に到着、参加者のSADAさん・montaくんと合流しました。好天の週末とあってサイクリストがいっぱい。翌週はTOKYOエンデューロだもんなあ
 
荒川左岸のCRを使って国道16号まで北上ともあれ、3人で荒川左岸の遡上を開始。羽根倉橋を越え、うっすら春霞に覆われた麦畑地帯を進みます。南風を背に受けてるおかげで快調、快調。サイクリング日和だなあ
 
トンネル手前で国道16号に出て上江橋を渡って荒川右岸へJR川越線を越えた先で国道16号の歩道へ。いつも荒川左岸を遡上するときに使うトンネルの頭上を通って、今日は上江橋で荒川と入間川を渡ります
 
のどかな風景が広がる伊佐沼の周辺古谷上交差点で国道16号を右折し、川越運動公園まで北上。休日ならではのゆる〜い空気に包まれた、のどかな風景が広がってきました。この先は、もう伊佐沼だ!
 
幕末の農家を改装した伊佐沼庵などと言ってる間に、目的地の「伊佐沼庵」に到着。江戸末〜明治初に建てられた農家住宅(旧戸田家住宅)を移築復元し、武蔵野うどん屋として利用してます
 
当時の面影が色濃く残る伊佐沼庵の店内かつての面影が色濃く残る伊佐沼庵の店内。行事などに使ってた大部屋を、客間として利用してます。11:00に我々が入店した後、ほどなく満員になっちゃった人気店
 
伊佐沼庵のきのこ汁つけうどん(温)お目当の「きのこ汁つけうどん(温)」を大盛りで。熱々のつけ汁は甘辛い濃口で、豚バラ肉とネギのほか、シイタケやシメジがたっぷり。湯気が立つ麺は、ゴワゴワ感こそ薄いものの、適度なコシがあって小麦の風味も豊かでした
 
伊佐沼庵の武蔵野うどんは、卯の花や漬物といった副菜も付いて “糧うどん” らしさ満点。それもそのはず。地元の農家の方々が、地場産の農作物で作ってるそうです。なるほど、一から十まですべてが昔から伝わる郷土食だったのですなあ。
 
さて、早々と目的を果たしてしまったミニベロおやじ一行は、腹ごなしを兼ねて川越市内へ向かいます。まだまだ、楽しみたいことがあるんだよね〜。次の目的は何なのか。それは次回[中編]のお楽しみ、ということで。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

ツール・ド・うどん 武蔵野きのこ汁[前編]