黒糖ウイスキー梅酒[輪]できました

saruverasaruvera

紀州南高梅を黒糖・氷砂糖・ウイスキーで漬け込んで早6カ月。保存ビンをキッチン片隅の冷暗所で保管してる間に、今年も存在すら忘れてました。その甲斐あって(?)ほどよく熟成しましたよ、我家の「黒糖ウイスキー梅酒」。梅の果実感の奥に、ほのかなウイスキーの風味を楽しめます。
 
6カ月ほど漬けた黒糖ウイスキー梅酒キッチンの片隅で半年ほど眠ってた黒糖ウイスキー梅酒の保存ビンをサルベージ。梅の果実がシワシワなのは、しっかりエキスを抽出できた証拠です。梅のさわやかな酸味を感じられる味わいで、ウイスキーならではの安定感を覚える余韻。オン・ザ・ロックでちびちび呑むが美味でした
 
小分けにする瓶は洗浄して無水アルコールで消毒呑んだり保存したりを楽にするため、小さめのビンに小分けします。ウイスキーが似合う小ビンを探した末、ボトル専門店で180ml容量のスタッキングボトルを発見。よく洗浄して水気を切った後、無水アルコールで殺菌します。これをやっとかないと腐敗しちゃうから念入りにね
 
梅酒をキッチンペーパーで濾して雑味を除くこれまた無水アルコールで殺菌したボウルとザルを重ねて、その上にキッチンペーパーを敷いて梅酒を濾過。こうやって澱を除去すると雑味が減って、ちょっぴり洗練された味わいになります。せっかく仕込んだ梅酒なので、味を引き出すための一手間は惜しまない方向で
 
じょうろを使って梅酒を瓶詰めしていく濾した梅酒は、漏斗を使ってビン詰め。スタッキングボトルへ1本ずつ注いでフタを閉めていきます。ちなみに、作業中は手をアルコール消毒し、念のためマスクとタオルバンダナもしてます。先々の後悔をしなくて済むように、衛生面には神経質なくらい気を使っておいたほうが吉ですね
 
瓶詰めした自家製の黒糖ウイスキー梅酒仕上げにアルコールを含んだキッチンペーパーでボトル外面を拭いて、ビン詰め作業の完了。今回は最終的に、180ml容量のボトル12本分に小分けできました。なかなか美しい琥珀色に仕上がったじゃありませんか。こうやって小分けしても熟成はマイルドに進むので、楽しみは続きます
 
小輪爺ロゴを流用したシールを自作今年もボトルにラベルを貼って、それっぽくしてみようと思います。まりぽさん力作のチーム小輪爺ロゴを流用して[輪]ラベル入稿データを作り、ラクスルで印刷してもらいました。青色の封緘シールは前年の残り(まだ大量に残ってるのだ)
 
完成した黒糖ウイスキー梅酒[輪]これらのロゴラベルや封緘シールをボトルに貼って、黒糖ウイスキー梅酒[輪]-6カ月熟成-(アルコール分35%前後、180ml)の完成です。ベースのウイスキーにノンピートでクセのないブラックニッカクリアを使ってるので、スムースな呑み心地に仕上がりました
 
黒糖ウイスキー梅酒[輪]をプチ量産残るボトルにもロゴラベルと封緘シールを貼り、これだけの本数が作れました。自家保存用を除き、残りの黒糖ウイスキー梅酒[輪]はツール・ド・うどんマイヨジョーヌの副賞など、チーム小輪爺の忘年会の景品にします。酒税法の許容範囲内では、これくらいしかできないのが心苦しい
 
黒糖&梅エキスで疲労回復。1年の疲れがたまったオヤジたちへ送るエナジードリンクであります。盃を交わし、来年の活躍を期するとしようではありませんか。いざ、ツール・ド・うどん2017表彰式&チーム小輪爺忘年会@御徒町。集え、オヤジたちよ。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう

Twitter で

2 Comments

  1. KON
    2017.12.16 at 23:58 — 返信

    黒糖ウイスキー梅酒、ありがとうございます!
    早速、明日の夜に飲ませていただきま〜す。
    ご馳走さまです!

    • 2017.12.17 at 00:22

      >KONさん
      早速ありがとうございます。チーム小輪爺の忘年会&TDU表彰式は楽しんでいただけましたか? 梅酒で一息ついていただき、来年のマイヨジョーヌを目指してください。これからも、よろしくお願いします!

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


SHARE

黒糖ウイスキー梅酒[輪]できました