Horikiri, Tokyo

花菖蒲園を巡る江戸川〜荒川ポタ

saruvera

梅雨の足音とともに花菖蒲が最盛期を迎えました。小粋で清涼感のある美しさは江戸で生み出されたものだそうで、東京の東部には江戸時代後期のブームの名残りのように花菖蒲園が点在。サイクリングロードから近いこともあり、都内ポタリングにうってつけの目的地であります。
 
で、どこの花菖蒲園へ行こうかと思案してると、フォロワーさんたちから「あそこに行くべきだ、ここも寄るべきだ」と推挙の声が増えるんだもの……。結局、小岩菖蒲園水元公園しょうぶ沼公園堀切菖蒲園をぐるりと巡ることにしました。それぞれの間隔は4~8kmだから、ゆるポタには妥当かな。


 
平井大橋の西詰に佇む LIGHTCYCLE Ti451まずは江戸川右岸にある小岩菖蒲園を目指し、8:00頃に浅草橋を出発。ひたすら蔵前橋通りを東進し、まだ交通量の少ない錦糸町や亀戸を駆け抜けます。ほぼ全域に自転車レーンが整備されたことで、かなり走りやすくなりましたね。約20分で荒川に架かる平井大橋の西詰に到達しました。
 
市川橋の西詰から江戸川CRへアプローチそのまま蔵前橋通りを進み、8:30頃に市川橋の西詰へ。この橋の袂から江戸川サイクリングロードへ入れば、すぐに小岩菖蒲園が見えてきます。自転車の乗り入れは禁止とのことで、入園口の脇にある東屋に愛車をロックして入場すると……。
 
小岩菖蒲園の花菖蒲京成本線の鉄橋の北側に広がる回遊式庭園を覆うように、約5万本の花菖蒲が咲き乱れてました。殺風景な河川敷に彩りを添える一角であります。江戸川CRを走るときは素通りしてばかりだったけど、たまにはここで停車するのもアリですね。
 
江戸川CRを遡上して柴又公園を通過そろそろ次の目的地・水元公園へ向かうとしますか。8:45頃に走行を再開し、江戸川CRを5.7kmほど遡上。人が少ない区間で最高速チャレンジを試みながら走るうちに、やがて葛飾大橋が見えてきます。橋の袂から国道298号沿いのスロープを降りれば、水元公園は目前。
 
水元公園の花菖蒲とチタンミニベロこうして9:00過ぎに水元公園内の花菖蒲園へ到達。いくつもの菖蒲田と木道が整備され、かなり見応えのある風景が広がってます。花々の密度が高いようで、心に響く臨場感がありますね。四季折々の花鳥風月を堪能できるので、何度となく訪れちゃいます。
 
王子金町江戸川線から環七へさて、次は北綾瀬のしょうぶ沼公園を目指します。まずは水元公園の内溜に沿って南下し、王子金町江戸川線を西走して大谷田方面へ。大谷田橋交差点からは環七で梅島方面へ向かい、綾瀬警察署前を南下すると到達します。水元公園から約4.5kmといったところ。
 
しょうぶ沼公園の花菖蒲とチタンミニベロということで、9:40頃にしょうぶ沼公園へ着きました。小規模ながら手入れの行き届いた親水公園のような趣きで、花菖蒲の間近に迫れる木道が整備されてます。かつては野生の花菖蒲の群生地で、菖蒲沼耕地という地名だったそうな。のどかな雰囲気が漂う穴場ですね。
 
下町風情の濃い堀切の商店街を進む10分ほど花見を楽しんだ後、最後の目的地・堀切菖蒲園に向かって川の手通りを南下。綾瀬名物パンダグループ各店を横目に走行し、堀切菖蒲園駅のガードを潜ってなおも直進を続けると、This is 京成沿線といった風情が漂う商店街が見えてきました。
 
堀切菖蒲園の花菖蒲3.8kmほどの道のりを経て到着した堀切菖蒲園は、まさしく花菖蒲を堪能するために粋を凝らした庭園。絨毯のように密植された花菖蒲は、遠景にも近景にも圧倒的で心を揺さぶられます。この豊かな表情を見せる景観は、緻密な計算管理による賜物だとか。日本最古の花菖蒲園の矜持ですなあ。
 
堀切小橋を渡って荒川CRへすっかり心が満たされたところで、帰宅の途に着くとしよう。堀切小橋で綾瀬川を渡り、堀切JCTの真下で荒川CRへアプローチ。海風に抗いながら2kmほど南下し、木根川橋で荒川を渡って八広中央通り~四ツ目通りで押上方面へ向かいます。予定通り11:00までには帰宅できるな。
 
東京スカイツリーの足元でリアタイヤに異常発生そんなことをほくそ笑んだ矢先、スカイツリーの足元でリアタイヤの空気圧が急激に低下。この感触はリム打ちパンクか!? そういえば東武亀戸線の踏切を越えるとき、レールがリムを打つ衝撃が響いたものなあ。我家まで残り3.5km、どうにか保ってくれ(ビードが固いので路上作業したくない)。
 
リム打ちパンクによるチューブの破損どうにか11:00に帰宅を果たし、クールダウン後にタイヤを確認したらエアが抜けきってました。タイヤに異常は見られないものの、チューブが0.5mmほど裂けてます。その裂目付近のリムに小さな傷と歪みを発見。やはり、リム打ちパンクでしたね。トホホ……。
 
ちょっと痛いオチが付いたものの、江戸の粋に触れる楽しいポタリングでありました。この日の総走行距離は約37.8km、ルートマップは[コチラ]です。花菖蒲は6月後半まで咲いてるようなので、梅雨の合間を見計らって出かけてはいかがでしょうか。
 
今回のポタリングをRelive動画で振り返る

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

花菖蒲園を巡る江戸川〜荒川ポタ