Takao, Tokyo

忌野清志郎☆聖地巡礼ライド[後編]

saruvera

高尾街道の山坂道を走り越え、ミニベロオヤジたちの「忌野清志郎☆聖地巡礼ライド」はクライマックスへ。高尾駅の西側から小川沿の細い山道を登り、その先にある高尾霊園の園内を徐行します。目指す「忌野清志郎の墓所」はすぐそこだ!
 
高乗寺境内の激坂を登るキヨシローの墓碑があるB区7-2は、霊園のやや奥まった場所、とんでもねえ激坂を登った先にあります。まるで我々の根性と思いを試してるかのよう。ここで脚を止めたら落車は必至。とにかくペダルを踏みます、脚を回します
 
忌野清志郎の墓は献花でいっぱいたくさんの献花に囲まれたキヨシローの墓碑が、やっとのことで登ってきた我々を待っててくれました。ヒトハタウサギやブタのブロンズ像もファンが供えた小物を着飾り、キヨシローの命日らしさにあふれたカラフルな墓前です
 
忌野清志郎の墓前へチーム小輪爺のメンバーは呼吸を整え、1人ずつ墓参。キヨシローの「よォーこそ」という歌声が、聴こえるような気がします。♪よォーこそ よォーこそ よく来てくれた わざわざここまで よく来てくれた よォーこそ
 
高尾駅の南口墓参を終えた一行は、高尾駅の南口まで下山して小休憩。夏のような日差しが、体の水分を奪います。2本のドリンクボトルを満タンにし、13:45頃に出発。いよいよ最終サードステージ(高尾~国立~中野)に突入だ
 
富士森公園の駐車場西八王子駅の南方で右折し、富士森公園へ。八王子市営の野球場や陸上競技場が設けられた敷地の一角には駐車場。あの名曲「スローバラード」に登場する“市営グランドの駐車場”と推測されてる場所です。今日のライドは、♪悪い~ 予感の~ かけらもないさ~
 
玉川上水に沿って都心へ八王子市内でマグナムさんと別れた4人のミニベロオヤジは、都道256号で日野~立川を抜け、キヨシローが通った国分寺市立第二小学校の前を走って、再び五日市街道へ。玉川上水に沿って繁る木々が日差しを和らげ、涼風を呼んでくれます
 
五日市街道から青梅街道へ五日市街道を道なりに進み、東伏見で青梅街道に合流。16:00過ぎ、走行距離が120kmを超えたあたりから脚がキツくなってきました。先頭をsambeさんに代わってもらい、井草八幡前から早稲田通りを走って中野を目指します
 
中野サンプラザに帰着16:40頃、中野サンプラザの前に帰ってきました。ベンチに座り込んでミニ羊羹を食べながら、とにかく脚を休めます。走行距離(約131km)の割に脚がキツいのは、登坂の影響だな。ここで一行は解散。saruveraは大久保通りで浅草橋方面に向かいます
 
夕焼けに染まる日本武道館とGIOS FELUCA帰る道すがら思い立ち、九段の坂を登って日本武道館に寄り道。2008年2月10日に行われた完全復活祭の舞台でもありました。そのときの「雨あがりの夜空に」のライブ映像をiPhoneで再生しながら、しばし今回のライドを振り返ります
 
その後は鼻歌交じりに靖国通りを東走し、18:15頃に浅草橋へ帰還。この日の走行距離は約144.8km、走行ルートはコチラです。saruveraの独善的な忌野清志郎リスペクトを込めた聖地巡礼ライドに付き合ってくれたみなさん、ありがとうございました。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

忌野清志郎☆聖地巡礼ライド[後編]