Kasai, Tokyo

東京湾から渡良瀬遊水池へ[前編]

saruvera

あれは4年前、初めて江戸川CRを走ったときのこと。記事を読んだ組長さんという方から「あと40分ほど走って渡良瀬遊水池へ行ってみては?」とコメントをいただきました。それ以来、渡良瀬遊水池まで行きたいと思いながら果たせず、月日ばかりが経ってしまいました。
 
そんな思いもあって、チーム小輪爺の恒例行事になった “GWロングライド” の目的地に、渡良瀬遊水池を提案。計6人の参加が決まり、5月初旬に東京湾を臨む葛西臨海公園へ集合と相成りました。
 
葛西臨海公園の観覧車前に集まったミニベロまだ薄暗い都内を走って、6:15に葛西臨海公園へ到着。待ちわびた顔のyuzanさん・montaくんと合流。ところが、まりぽさんが集合時間を7:00と勘違い。1時間後に合流を果たし、いよいよ出発!
 
カミソリ堤防に囲まれた旧江戸川の右岸を遡上まずは旧江戸川の右岸を遡上。カミソリ堤防に囲まれたサイクリングロードは幅狭なので、速度を抑えポタリング気分で走行します。おっ、右手に見えるは23区唯一の自然島・妙見島ではないか
 
江戸川右岸のCRに出て柴又へ向かう篠崎ポニーランド前から江戸川右岸CRに入ると、道幅が広くなり車速も上昇。寅さん記念館まで各自のペースでと宣言した途端、まりぽさんとyuzanさんがものすげえ高速バトルを開始(;´Д`)
 
テルさんはTern Verge X30に乗って参加そして、寅さん記念館でテルさんと合流。お供は新車のTern Verge X30じゃないですか! ちなみに、まりぽさんとyuzanさんは見かけなかったそうな。あの2人、河川敷を突っ走ってるな……
 
葛飾橋で江戸川左岸(千葉側)へ案の定、例の2人は葛飾大橋の手前で苦笑いしながら佇んでました。ここで仕事に向かうというまりぽさんと別れ、残る4人は葛飾橋で江戸川左岸(千葉側)へ渡ります
 
江戸川左岸CRを遡上するミニベロ軍団地元民のテルさんを先頭にミニベロ4台でトレインを編成し、江戸川左岸CRの遡上を開始。時刻はまだ9:30だというのに日差しが強く、体感気温も上昇するばかり。今日は消耗戦になるなあ
 
利根運河河口の公園にFELUCAを停めて一休み30分ほど走って利根運河の河口へ。葛飾橋からわずか16kmの走行距離とは思えないほど疲れ、早くもボトル1本が空いちゃいました。運河河口公園で休憩し、川面からの風でクールダウンしよう
 
桜の里でSADAさんが合流し5台編成に走行を再開し、SADAさんが待つ東武野田線の橋梁を目指します。すると、手前の桜の里で歩行中のSADAさんを発見。待ちわびて南下し、トイレに寄ってたそうな。お互いに気付けてよかった
 
東武野田線の鉄橋が見えてきた改めてミニベロ5台の編成で走行を開始し、東武野田線の橋梁へ到達。ここでポタリングペースにしびれを切らしたyuzanさんを先行させ、各自のペースで関宿城へ向かうことに
 
江戸川CRの終端、関宿城が見えてきた葛西臨海公園から走ること60km、江戸川CRの終端・関宿城が見えてきました。気付けばドリンクボトルは2本とも空。関宿城の自販機で給水しよう。頭に浮かぶのは、そればかり
 
そして11:00過ぎ、関宿城に到着。真夏のような日差しにさらされ、体は塩だらけでジャリジャリ。ともかく水分を補給させてくれ〜と、木陰で休みながらドリンクをガブガブ、塩アメやら塩タブレットやらをボリボリ。こんな調子で渡良瀬遊水池まで行けるのか。それは次回[後編]で。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

東京湾から渡良瀬遊水池へ[前編]