Kisarazu, Chiba

早春の内房総ライド[後編]

saruvera

五井駅前で昼食を済ませたsaruveraは、15:15頃に再び房総半島の南下を開始。交通量の激しい国道16号を避け、ローカルな県道をつないだルートを進むことにします。できれば館山を抜けて房総半島の南端まで行きたいけど、時間的に難しいかなあ。
 
養老川を渡って県道24号を進むとりあえず、五井駅の西側を通る県道24号で南下することにしよう。養老橋を渡って養老川の左岸へ出た後、のどかな風景を眺めながら姉ヶ崎方面へ向かいます
 
県道287号で袖ヶ浦方面へ県道24号は姉ヶ崎駅前で県道287号に接続。そのまま道なりに進みます。左側は山、右側は内房線と国道16号の先に工業地帯。世界よ、これが日本の田舎風景だ
 
木更津市へ突入!五井駅前を出て約50分、16:00過ぎに木更津市へ突入しました。ここまでの走行距離は約72km。かなり空が色づいてきたなあ。ともあれ、木更津の市街地へ向かうとしよう
 
夕暮れの木更津港をGIOS FELUCAと共に県道270号から市街地北側の旧道を進み、16:45頃に木更津港へ到着。オレンジ色の夕焼けが港を包み込みます。今日の旅はここまでかなあ
 
木更津港に沈む夕日もっと先まで進みたいとも考えたけど、夜に無理して走ることもあるまい。木更津を今回の旅の終着地と決め、しばらく木更津港に沈む夕日を眺めることにします
 
木更津キャットアイ木更津港の近くで見つけたキャットアイ。市内に入ってから「木更津キャットアイ」と言いたくて探しました(Twitterではリアクションなかったけど…orz)
 
アクア木更津(旧アインス)気を取り直して木更津駅前へ。「木更津キャッツアイ」によく出てきたショッピングタウン アインスは、アクア木更津という名前になってました
 
オジーたぬき像を発見アクア木更津の裏手に回り、ノスタルジックなみまち通り商店街へ行ってみると……。これまた「木更津キャッツアイ」なオジーたぬき像が、酒屋の脇に佇んでました
 
帰りは高速バスで東京駅まで輪行どうやって東京へ帰ろうかと思案してると、木更津駅前で高速バスの案内所を発見。駄目元で聞いたら、条件付きで高速バスで輪行させてくれるって! これはありがたい
 
高速バスは「今日は乗客が少ないので自転車1台なら積めるから」「自転車に傷や破損が生じても保障できない」という条件で輪行させてもらいました。木更津駅前から東京駅前までアクアライン経由で1時間弱(1300円)。すごいな、モータリゼーション。
 
19:00前に東京駅前で降車すると、刺すような寒風に唖然。やっぱり房総半島は温暖な気候だったんだなあ。そう振り返りながら、GIOS FELUCAで浅草橋へ向かうのでありました。今回の総走行距離は約86.7km、走行ルートはコチラです。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

早春の内房総ライド[後編]