Lake Saiko, Saitama

いざ開幕戦、TOKYOエンデューロ2017[前編]

saruvera

ボヤボヤしてる間に、やってきましたレースシーズン。鯨飲馬食で肥えた体をしぼることなく、今年も開幕戦に位置付けた「TOKYOエンデューロ2017 in 彩湖」にチーム小輪爺の一員として参戦する運びとなりました。ああ、怠惰な生活をしてたアノ頃の己を殴ってやりたい……。
 
ともあれ、チーム小輪爺は4人×2組編成の↓な陣容で、レース会場の彩湖に集うのでありました。

チーム小輪爺 A組ペーターさんKHS P-20R
yuzanさんDAHON DASH X20
sambeさんBILLION LIONEL
tomoさんGIANT IDIOM 2
チーム小輪爺 B組montaくんMICHEL 801
くらたまごさんTREK MADONE 2.1
saruveraGIOS FELUCA
テルさんGIANT IDIOM 1
彩湖・道満グリーンパークのサッカー場に陣取るチーム小輪爺6:00過ぎに現地入りしたメンバーで、チーム待機所を設営。ところが、初エンデューロで緊張するペーターさん&くらたまごさんを余所に、9:00を過ぎても現れないA組の面々……
 
TOKYOエンデューロ2017の第1ライダーはmontaくんとペーターさんスタート15分前に全員集合を果たし、急いでコース上へ。グリッド中団に陣取った第1走者は、A組がペーターさん、B組がmontaくん。風速10m/s以上の風に晒されながらスタートを待ちます
 
昨年に引き続き弱虫ペダルサイクリングチームが先導役4時間エンデューロは強風のため、オープニングラップが大会規定の1周+タイム計測あり1周の計2周に変更され、9:30にスタート。前年に続き、弱虫ペダルサイクリングチームが先導を務めます
 
ミニベロ MICHEL 801 を駆るmontaくんさて、チーム小輪爺B組第1走者のmontaくん@MICHEL 801は、オープニングラップの2周に加えて、3周をコンスタントに9分前後で周回。なぜか笑顔を絶やさずに走るのでした
 
ロードバイクのトレインにミニベロで続くmontaくん大きな集団にうまく入り込んだmontaくんは、順調にポジションアップしながら都合5周を走ってピットへ。妙に上気した顔で戻ってきました。若いってイイなあ(もう30代だけど)
 
ミニベロ KHS P-20R で走るペーターさん一方、A組第1走者のペーターさん@KHS P-20Rは、序盤にサイクルコンピュータを落とすも、無事にリカバリー。オープニングラップ2周に加え、9分台前半で4周を走ります
 
TOKYOエンデューロ2017のピット風景montaくんやペーターさんがピットインしたのは、スタートから50〜60分というタイミング。この頃合いで選手交代するチームが多いようで、にわかにピットが騒がしくなってきました
 
TREK MADONE 2.1 でレース初体験のくらたまごさんB組の第2走者は、チーム唯一の700Cライダーくらたまごさん@TREK MADONE 2.1。montaくんから計測タグを受け取ると、初レースながら9分台前半で3周します
 
ミニベロ DAHON DASH X20でロードバイクを次々に抜くyuzanさんそしてA組第2ライダーは、制御不能のかっとび男yuzanさん@DAHON DASH X20。2周目から8分台前半に入れて700Cをブチ抜きながら4周し、大幅なポジションアップを果たします
 
GIOS FELUCAにまたがってライダー交代をまつsaruveraスタートから1時間15分ほどが経過し、チーム小輪爺B組は第3走者saruveraの出番が近づいてきました。見よ、この肥えた背中。あまり無様なことはしたくないけど、不安だなあ……
 
ちなみに、スタートから1時間経過時点でのチーム小輪爺のポジショニングは、A組が147番手、B組が162番手(出走406チーム)。ともに7周目を走行中です。残り3時間で、どこまで順位を上げられるのか、それとも落としてしまうのか。それは次回の[後編]で。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

いざ開幕戦、TOKYOエンデューロ2017[前編]