Kawajima, Saitama

ツール・ド・うどん 川島すったて[後編]

saruvera

途中で集団が二手に分裂したり、パンクにお手上げしたり、アクシデント続きツール・ド・うどん(TDU)stg.3[川島すったて]。30℃を超える炎天下、目的地の「泉の里」を目指します。県道339号を西進して国道254号を横断し、県道269号を北上。圏央道を潜れば、あと2kmくらい?
 
すると13:00過ぎ、先行組から電話。「今どの辺っすか〜。お店で待ってますよ〜」。ってキミたち1時間30分前には入店してたよね!? 昼食時の飲食店にそんな長居してて大丈夫なの!? この状況で入店するのは勇気がいるなあ。そんな会話をしながら、13:10に「泉の里」へ到着しました。
 
川島町の郷土料理うどん"すったて"を泉の里で恐々とする我々を「予約団体用の座敷だから時間を気にしないで」と案内する店員さん。ありがたく待望の「すったてうどん」を大盛りでいただきます。適度なコシのもっちり手打ちうどんに、ゴマや野菜の滋味たっぷりの冷汁がよく絡んでウマイ! 食前の儀式(下記)も盛り上がりますなあ

すったて食前の儀式

  1. すり鉢でゴマをする
  2. ここに味噌を追加してする
  3. さらにタマネギ(みじん切り)を加えてする
  4. おまけにキュウリ(輪切り)を入れて叩きつぶす
  5. そこにダシ汁を半量入れて混ぜる
  6. 残りのダシ汁を全部入れて混ぜる
  7. 最後に香味野菜と氷3個を入れて冷汁の完成
  8. 旨味が底に溜まるので混ぜながら食べる

 
すったてを食べ終え、一部メンバーとお別れパンク修理を終えた達之助さんも無事に合流し、すったてに舌鼓。先行組は抹茶アイスも食べ、満足・満腹。ただし、もう14:30過ぎなので物見山ヒルクライムは中止。夕方に予定が入ってる3人と別れ、ほど近くにある島田橋へ向かうことにしました
 
越辺川の近くののどかな農道を進む県道74号を走って越辺川を渡り、のどかな風景が広がる農道を西へ。しばし、ポタリングペースでトラクターの後ろを走り、その先で越辺川右岸の土手へ登ります
 
越辺川に架かる冠水橋の島田橋をミニベロで渡るやってきました島田橋。東京近郊では珍しい木造の沈下橋(冠水橋)で、映画やドラマのロケで使われることも。昨年5月に復旧された新しい島田橋を、上気した面持ちで渡ります
 
吉見町のスイーツを求めて北上島田橋で越辺川の左岸に出た一行は、炎天下で火照った体をクールダウンすべく、次の目的地を目指します。11台トレインを組んで県道212号〜県道74号で東進し、県道76号をひたすら北上
 
吉見町Happy Timeの「こいいちご」40分かけてガーデンセンターさにべる内のHappy Timeへ。お目当ての「こいいちご」は、吉見町特産のイチゴを凍らせ、かき氷状に削ったスイーツでした。爽やかな酸味と冷たさに生き返る〜
 
さくら堤公園から荒サイ右岸を下るあとは彩湖・みはらし茶屋へ帰るだけ。さくら堤公園から荒川右岸CRへ入り、南下を開始します。ホンダエアポートの脇を抜け、樋詰橋(これも沈下橋!)を渡って荒川左岸へ
 
榎本牧場でジェラート休憩そして16:40過ぎ、榎本牧場に到着。ここで彩湖駐車場の閉鎖時間が心配なtomoさんやyuzanさんら4人は、一足先に南下を開始。残る7人がジェラートを食べてると、テルさんがコンタクトレンズを紛失。災難は終わってなかったか……(アクシデント5)
 
夕日に染まる彩湖へ帰ってきた空が茜色に染まる中、荒川CRの南下を再開。が、程なくして走行距離100kmを超えたsaruveraの脚が終了。一気にペースダウンし、みんなが待つ彩湖へ18:00過ぎに到着しました (;´Д`A
 
夕闇に包まれたみはらし茶屋へ一緒に南下を続けてきたsambeさん・montaくんと戸田橋で別れ、まりぽさん・saruveraの二人で19:00頃みはらし茶屋へ。もう荒サイは真っ暗です。そして、いつも以上に疲れた……
 
扇大橋へ出たころには完全に夜さらに荒川左岸CRの南下を続け、扇大橋でまりぽさんと別れて尾竹橋通りへ。完全に夜の帳が下りてます。それでも少し脚が回復したのか、そこそこのペースで走って19:50頃に浅草橋へ帰着
 
この日の総走行距離は138.3km、ルートマップはコチラです。距離の割に疲労感が激しいのは、前半のハイペース走行が原因だろうなあ。もっと走り込まねば。そして末筆になってしまいましたが、tomoさん復帰おめでとうございます! さあ、次のTDUはどこへ行こうかな。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

ツール・ド・うどん 川島すったて[後編]