Pk. Sumida, Tokyo

下町くるりと夜桜ポタリング

saruvera

桜の開花時期は短いもので、あっという間に終盤へ差し掛かってしまいました。今春は花見ロングライドをする都合がつかないので、近所の花見ポタリングで手を打つとしよう。ということで、所用を済ませた週末の夜に、浅草・押上の夜桜スポット巡りへ出発。
 
下町の夜桜スポット巡りは1周10km程度と短距離かつ歩行区間も多いので、今回はフラットペダル仕様で小回りの効く BRUNO SKIPPER ブルホーン10s で走ることにしよう。まずは鳥越神社前から左衛門橋通りを南下して浅草橋駅西口方面へ。そして駅前通りで東口に面した江戸通りへ出ます。


 
浅草橋から江戸通りで浅草へ向かう20:30頃、浅草橋駅東口から浅草に向かって江戸通り(国道6号)の北上を開始。とはいっても、2.2kmくらいの距離なんですけどね。この界隈は問屋街なので、週末の夜は人出が少なくて走りやすいです。
 
駒形どぜうとBRUNO SKIPPER春日通りの北側は玩具問屋街。その一角、バンダイ本社の隣に駒形どぜう本店が見えてきました。年季が入った店構えは、夜の見栄えがステキ。店から漂ってくる煮詰まった割下の匂いもステキ。
 
浅草寺本堂脇の桜と東京スカイツリー駒形橋西詰から旧日光街道に入り、雷門から BRUNO SKIPPER を押し歩いて仲見世通りを直進。やがて正面に、ライトアップされた浅草寺本堂と染井吉野が見えてきます。これぞ浅草という絵面を鑑賞。
 
山谷堀公園の桜並木と東京スカイツリーその後は二天門から馬車道通り〜一葉小松橋通りを走って山谷堀公園へ。隅田川へ注ぐ水路の跡に沿って桜並木が続きます。再び降車して公園内に入り、桜並木の下を今戸橋跡まで徒歩散策。
 
隅田公園の桜並木と BRUNO SKIPPER次は野球場北側を回り込んで隅田川沿いへ出て、墨田公園内を超低速走行。ライトアップされた桜を求めて、言問橋の北にある桜の広場へやってきました。並木の密度が濃いので夜桜も映えますな。
 
すみだリバーウォークを渡って隅田川左岸へ今度は隅田川の左岸へ行ってみましょう。BRUNO SKIPPER を押し歩いて、東武伊勢崎線の鉄道橋に併設されたすみだリバーウォークで隅田川を渡河。この橋から臨む隅田川の夜景は絶品です。
 
墨田区側のすみだリバーウォーク入口すみだリバーウォークの墨田区側出入口から東京スカイツリーにかけては東京ミズマチと名付けられ、墨田区らしからぬオシャレなアーバンパークが形成されてます。ここだけ下町から妙に浮いたエリア。
 
東京スカイツリーの足元にある河津桜そんな違和感を抱きながら東進し、東京スカイツリーの足元へ。この辺りの北十間川沿いは、河津桜の並木が続いてます。色濃い花とスカイツリーのイルミネーションとのコントラストが美しい。
 
駒形橋で隅田川を渡って浅草へ気付けば22:00過ぎ。そろそろ帰途に就くとしようか。京成橋から浅草通りを西走し、駒形橋で隅田川を渡って浅草へ。駒形橋西詰を右折すれば浅草繁華街、左折すれば浅草橋、直進は上野方面です。
 
かっぱ橋の入口たる菊屋橋から上野方面を臨む上野公園の夜桜見物もアリかな。そう思って浅草通りを直進したものの、用事が残ってることを思い出して菊屋橋交差点を左折。ニイミのおじさんに背を見せて新堀通りを南下し、我家へ戻ってきました。
 
帰宅後、花見のお重を作る残ってた用事とは、翌日に控えた花見(家族行事)の準備であります。これを疎かにしたらポタリングどころではなくなる! せっせと花見弁当を仕込んだ割に、雨天中止になっちゃったけどね。
 
こんな調子で今年の桜は見納めかもしれません。この日の総移動距離は約12.2km。このうち2kmくらいは歩いてるはず。こうしたポタリングも、たまにはアリですかね。走行ルートは[コチラ]。短距離でも見所が多くて楽しかったですよ。
 
今回のポタリングをRelive動画で振り返る

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

下町くるりと夜桜ポタリング