Kawagoe, Saitama

多事多難!ツール・ド・川越∞うどん[前編]

saruverasaruvera

長雨の合間に照りつける日差しが強くなってきましたね。そんな梅雨明けの気配が漂う6月下旬、つるりと美味なうどんを求めて走るツール・ド・うどん(TDU)第2ステージを決行。うどん食べ放題(∞うどん)で知られる川越市の武蔵野うどん竹國を目的地に、埼玉県南西部を走ります。
 
天候が不安定な時期なので、決行予定日の1週間前から天気予報を見ては一喜一憂。前日の降水確率10%という発表を受けて開催決定をアナウンスしたものの、当日6:00頃に雨が降ってきやがった……。それでも9:00には雨が止むということで、予定を1時間後ろ倒しにして決行と相成りました。

TDU2018 stg.2 川越∞うどん 参加者
saruveraGIOS FELUCA451ミニベロ
KONさんGIOS FELUCA451ミニベロ
くらたまごさんTREK EMONDA SL6700Cロード(彩湖で合流)
ペーターさんKHS P-20R451ミニベロ(彩湖で合流)
yuugaさんDAHON Visc. P20451ミニベロ(彩湖で合流)
SADAさんGIOS FELUCA451ミニベロ(醸ん楽座で合流)

キッチンとれたて前で佇む GIOS FELUCA雨が止んだのを見計らって自宅を出発し、8:10頃にスタート地点のキッチンとれたてへ。が、ここで再度の雨。小雨の中を走ってきたKONさんと天候回復を待ちながらの雑談は、いつしかパンク談義に発展。ああ、ここで「もう6年くらいパンクしてないんですよ」なんてドヤ顔したものだから……
 
彩湖でGIOS FELUCAを停車して参加者と合流雨が止んだのを見計らって走行を再開し、9:30前に彩湖へ到着。1時間順延の知らせを見逃してたペーターさん&くらたまごさんは、ペダリングモニター体験会で時間を潰してたらしく、すでに体から湯気が出てるよ。yuugaさんも合流を果たし、川越市街地の体験型観光施設・醸ん楽座を目指します
 
羽根倉橋の北詰に出現した巨大な水たまり雨が上がったばかりの荒川CRは、あちこち水たまりだらけ。羽根倉橋北詰の名物(?)巨大な水たまりを避けつつ、スリップに気をつけながら荒川左岸を遡上します。ときどき路面に渡してある鉄板は、思いっきり滑りますからね。いつもより慎重に走りましょう
 
アラサイ左岸を遡上するミニベロおやじ一行1時間前までの雨模様はどこへやら。気温がどんどん上昇し、猛烈な湿度との合わせ技で不快度MAX。こいつは体力を削られるぜえ。今日は150km近く走ることになるだろうから、しっかり脚力をマネジメントせねば。この時点では、そんなことを考えながら走ってました。ええ、この時点では
 
治水橋を渡って荒川右岸へ向かう川越方面へ向かうため、治水橋で荒川右岸へ渡河。眼下のびん沼は、かつて荒川だったんですよ。そんなくらたまごさんの話に耳を傾けながら橋を下ってる最中、saruveraのGIOS FELUCAに異変が発生。後輪がガタガタする……。こりゃあパンクだな。朝のドヤ発言を思い出して赤面しきりであります
 
GIOS FELUCAの後輪がパンク飯田新田交差点の脇に停車し、チューブを交換。LEZYNE CONTROL DRIVEを初投入するも、バルブ挿入が甘くて失敗。見かねたペーターさんが自分のインフレーターでエア充填してくれました。おお、カッチカチやぞ。もうエアを止めていいよ。あれ? 止まんない! え? ボンッ! チューブが破裂しますた
 
荒川の右岸を遡上して川越線を越えるあきれ顔のKONさんから予備チューブを譲ってもらい、二度目の補修を済ませ走行を再開。もう11:00過ぎか。本来なら醸ん楽座に着いてる頃なんだけどなあ。そんなモヤモヤする気持ちを整理しながら荒川右岸を遡上。川越線の踏切を越え、伊佐沼方面へ向かいます
 
小江戸・川越の時の鐘を見物が、まだLEZYNE SUPER GPSのナビ機能を使いこなせず、走行ルートをロスト。予定より北上しすぎ、お成り街道を西走して川越市街地へ。12:20頃、ようやく時の鐘に到着しました。ともあれ、目指す醸ん楽座まで400m。さあ行こうと走りはじめた刹那、前輪からイヤな振動が伝わってきた……
 
醸ん楽座の前に GIOS FELUCA を停車フロントタイヤを触ると、フニャフニャした手応え。ああ、今度は前輪がパンクだよ。醸ん楽座で合流したSADAさんがチューブを買ってきてくれるというので、お言葉に甘えてチューブ交換の準備をはじめます。他のみんなは醸ん楽座のカフェで休憩しながら待っててね (´;ω;`)
 
1日に二度のパンクを喰らいやさぐれるオヤジ観光地の道端で本日二度目のチューブ交換作業を開始。気温は28℃を超え、暑い日差しが照りつけます。なぜ、こんな通行人の多いところで作業してるのか。今朝の雨が止んだことで運を使い果たしたのか。そんな負の感情が態度に出たようで、ペーターさんに “ヤサグレおやじ” と笑われちゃいましたよ
 
ヤサグレながらも応急補修を終え、13:00頃に走行を再開。約6km先の武蔵野うどん竹國へ向かいます。ああ、すっかり空腹だなあ。こりゃあ、うどん食べ放題が捗るわい。これ以上の災厄が降り掛かってこないことを祈りながら、次回[後編]へ続きます。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

多事多難!ツール・ド・川越∞うどん[前編]