Yachiyo, Chiba

ツール・ド・博多うどん feat. 弱ペダ聖地[前編]

saruvera

春の訪れとともに、ツール・ド・うどん(TDU)2017シーズンも開幕。今年も美味なる “うどん” をテーマに、あちこちサイクリングすることを目論んでます。ということで4月初旬、ツール・ド・うどん stg.1[博多うどん]を決行。舞台は千葉県の北総エリアです。
 
今回のルートは、博多うどんチェーンのウエスト八千代台店(八千代市)を目的地としつつ、その東隣の佐倉市まで足を伸ばす計画。というのも、北総まで行くなら「弱虫ペダル」の主人公・小野田坂道くんらが通う総北高校がある(という設定の)街まで行ってみようと思ったからです。
 
小野田くんは放課後、佐倉市から秋葉原までママチャリで通ってたというので、そのルートを推測してTDUルートに織り込んでみました。この試みに、sambeさん、montaくん、yuzanさん、くらたまごさん、トーゴさんが参加表明。saruveraを含めた6人で決行日を迎えたはずが……。
 
秋葉原駅電気街口広場AKBカフェ前に佇むGIOS FELUCA6:50頃、秋葉原駅電気街口広場へ。yuzanさんが急用DNSになったので、ここに来るのはsambeさんとmontaくんか。ところが、sambeさんがパンクDNS、montaくんが寝坊DNS。一方、小松川大橋で合流予定だったトーゴさんが秋葉原まで輪行してきたので、2人で7:30頃スタートしました
 
AKIBAカルチャーズZONE裏手、小野田くんと鳴子くん出会いの地秋葉原駅を後にした2人は、中央通りを横切ってAKIBAカルチャーズZONEの裏手へ。何の変哲もない路地裏と思いきや、小野田くんがママチャリを駐輪してた場所に見えませんか? そう、小野田くんと鳴子くんがはじめて出会った場所ですよ!
 
鳴子くん&小野田くんに倣って、厩橋で隅田川を渡って千葉方面へそれでは、小野田くん&鳴子くんに倣って千葉方面へ向かうとしますか。彼らがトレインした橋は、隅田川に架かる厩橋に見えます。ということで、我々も春日通りを東進。でも、千葉まで行くのに使う道じゃないよな、亀戸で行き止まりだもの。鳴子くん主導でアサゾーに寄ったと解釈しとこう
 
小松川橋で荒川と中川を渡河春日通りの行き止まりから横十間川に沿って南下し、京葉道路を東進。荒川CRと交差する小松川大橋の西詰で、くらたまごさんと合流を果たします。これで今回の参加メンバーは全員集合。ひとしきり雑談した後、予定から30分遅れの8:10分頃に再出発します
 
江戸川水閘門で旧江戸川の左岸へ渡る途中でコンビニへ寄ったりしつつ、8:40頃に江戸川水閘門へ。まだツボミが多い二分咲きの桜を眺めてから、旧江戸川を渡ります。計画では満開の桜の中を走る想定だったけど、3月末の寒波の影響で開花が1週間ズレちゃったなあ (´・ω・`)
 
行徳可動堰に据えられた行徳橋で江戸川を渡る続けて、行徳可動堰で江戸川を渡河。振り返ると、大学生の3人組が付いてきてる。聞けば、九十九里まで行く予定が道に迷ったそうで、船橋駅南の千葉街道(国道14号)まで彼らも連れてくことにしました。かくして、ミニベロで700Cロード5台を曳く珍集団の形成であります
 
習志野市内に入ると日大生産工学部の給水塔が見えてきたさて、9:20頃に船橋駅南で大学生を見送った一行は、本町1丁目交差点から成田街道(市道〜国道296号)で東進を再開。津田沼で国道296号と別れ、そのまま県道69号を直進してると、前方に巨大な塔が見えてきました。謎の宗教施設かと思ったら、日大生産工学部の給水塔だとさ
 
ウエスト八千代台店に到着でも、ここまで来れば目的地は近いはず。長作交差点から県道262号を北上し、八千代市へ突入。そのまま北上を続け、習志野駐屯地の東側にあるウエスト八千代台店へ到着。秋葉原駅前からの走行距離は37.4km。時刻は10:15と予定から45分遅れだけど、食事に適した頃合いになったわい
 
ウエストの博多うどん(ごぼう天と丸天をトッピング)ウエストは素うどん+トッピングを選ぶ方式だそうで、”This is 博多うどん” な具というゴボウ天と丸天をチョイス(頼みすぎた)。汁は薄口ながら骨太なアゴだしで、じんわり沁みる味わい。ふんわりもちもち食感の麺は、噛むと中心部に細いけど確かなコシがある。これ、うまいなあ!
 
勝田台駅の手前で国道を離れ、こぶし通りへ雑談を交わしながら食休みしたオヤジ3人は、11:00頃に佐倉市へ向けて走行を再開。八千代市役所入口交差点を右折して、国道296号を東へ。少し走ってから勝田台駅の手前を右折し、国道と平行するこぶし通りに出て、この道で佐倉市方面へ東進を続けます
 
北総台地の坂をいくつも越えて佐倉市中心部へ向かうこぶし通りは、蛇行する国道296号をショートカットするように北総台地を横断するバイパス道。おかげで、いくつもの丘陵を上ったり下ったりする羽目になり、脚を削られまくるのでありました。ポジションを見直して以前より登坂できるようになったものの、こう連続すると泣きが入ります
 
それでもオヤジたちは王子台〜生谷〜吉見台と、地名どおりの地形をえっちらおっちら。すると前方に、田畑の広がる平地が見えてきました。ついにダラダラ続くヒルクライムの終わりか! 意気揚々と坂を下る一行。でも、すんなり事が運ぶわけないんだよね。その顛末は次回[後編]で。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

ツール・ド・博多うどん feat. 弱ペダ聖地[前編]