Hanyu, Saitama

ツール・ド・一本うどん[灼熱撃沈編]

saruvera

東北道・羽生PA(鬼平江戸処)の「一本うどん」を目指すミニベロおやじ一行は、日本橋から旧日光街道を辿って栗橋市に突入しました。が、国道4号と国道125号が交わる栗橋交差点を自転車は直進できないため、止むを得ず左折。栗橋駅前まで迂回して、利根川沿いの県道60号へ出ます。
 
栗橋宿の先には利根川の土手が広がる駅前まで遠回りをして栗橋宿に到達。本陣跡は発掘調査中で、代わりにショボーンな小屋が建ってました。すぐ近くの八坂神社で20分ほど休憩し、10km先の羽生PAに向けて出発
 
羽生PAを目指して県道60号をひたすら西進八坂神社の北から県道60号を延々と道なりに西進。左前方に見えるのは加須サイクリングセンターかな? 途中で空のドリンクボトル2本に給水し、加須市を通過して羽生市へ
 
鬼平江戸処の門扉でSADAさんが待ってた!東北道手前のY字路で県道60号を離れて小道を進むと、羽生PAの駐輪場に到着。愛車を預けて入場したら、腰痛で欠場したSADAさんが待ち受けてました! 心憎い登場と差し入れに感謝
 
時代劇セットのような羽生PA「鬼平江戸処」日本橋から羽生PAまで、走行距離は約72km。SADAさん差し入れのオロナミンCを飲みながら休憩し、時代劇セットのような鬼平江戸処をブラつく6人のオヤジでありました
 
鬼平江戸処「五鉄」の珍品「一本うどん」そして目的を果たすべく、五鉄の「一本うどん」を注文。うむ、 名物にうまいものなし 。言うなれば、親子丼の味がするスイトン? サイクリストは塩分補給できて良いかも(ただし量は少ない)
 
羽生PAを後にして東北道の側道を南下食後に土産処を物色&給水して、13:00に羽生PAを出発。帰路は東北道の側道を南下した後、県道366号〜県道305号〜県道38号で鴻巣市へ出て、旧中山道を辿って日本橋へ向かう予定です
 
ふらふらになりながら加須市街地へ到達このとき外気温は今年一番の36.4℃を記録。直射日光を浴びながら走るうち、意識があいまいになって道を間違えるは、異常なほど発汗するは……。10km先の加須市街地に入った頃にはこの有様
 
加須駅から東武線で輪行して帰ることにしたたまらず加須駅北口の木陰で休憩。ところが、スポドリを飲んだり水を浴びたりしても復調せず、以後を考えてDNFを宣言。sambeさんの輪行袋を借りて、東武線で浅草へ
 
「うさ忠」の由来になった「うさぎまんじゅう」電車内の冷房でクールダウンできたおかげで自宅に生還。鬼平江戸処で買った「うさぎまんじゅう」で糖分を補給しました。この饅頭こそ『鬼平犯科帳』11巻「男色一本饂飩」で被害者となった木村忠吾のアダ名 “うさ忠” の由来なのでありました
 
この日は厳しい天候で、まりぽさんとシマノリさんも相次いで体調を崩してDNF。yuzanさんも完走を諦め、日本橋まで走りきったのはsambeさん1人だけでした。夏のサイクリングは、ちょっとした甘さが命取り。熱中症・日射病・熱射病の対策は、念には念を入れましょう。
 
道中、スポーツドリンクとミネラルウォーターを合計4L飲んだ挙句、DNFに終わったツール・ド・うどん(TDU)stg.4。その走行距離は約93.5km。本来の走行ルートはコチラです。次回のTDUは涼しくなってから開催しましょうね。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

ツール・ド・一本うどん[灼熱撃沈編]