Komazawa, Tokyo

帰路は渋谷町水道ポタ[後編]

saruvera

多摩川の畔から渋谷水道をトレースするポタリングは、台地を越え谷を越え、用賀の街へやってきました。水源の砧下浄水所からここまで約2.8km、時刻はそろそろ11:30。日曜とはいえ、水道道路を行き交う人が次第に増えてきました。
 
渋谷町水道に沿って形成された用賀の商店街渋谷町水道に沿って形成された用賀の商店街。裏通り特有の眠い空気が漂う感じは、どこの街でも変わらないなあ。好きです、こういうヌルさ
 
水道道路を示す「水道みち」道標とGIOS FELUCA商店街を進むと、共立信用組合の脇に「水道みち」と書かれた道標がありました。この道が水道道路であることを後世に伝える痕跡であります
 
桜新町駅前に立つ磯野家ブロンズ像大山道追分を越えて旧玉川通りを進むと桜新町駅前。磯野家の銅像を眺めると、波平の頭頂部がサイボーグ化されてました(何度か抜かれてたもんなあ)。そして道向かいの不動産屋にはアノ親子!
 
桜新町の住宅街の先に駒沢給水塔が見えてきた騒々しい駅前を通過した先で、水道道路は旧玉川通りと分岐して小径へ。交通制限の看板があるので気付きやすい。おや、水道道路の先に大正モダンな塔が見えてきましたよ
 
駒沢給水塔の前にGIOS FELUCAを停車渋谷水道の途上に配された駒沢給水塔。ここを中継地にして渋谷町全域へ配水されたそうな。実は2基の塔が並立してるので、双子の給水塔と呼ばれてます(幻の3基目は用地だけ残ってます)
 
渋谷町水道みちの三軒茶屋まで続く直線駒沢給水塔の周辺をぐるりと廻って敷地の裏手に出て、水道道路へ復帰。延々と続く一本道の先に、三軒茶屋の街が見えます。もう、ゴールは近いのかな
 
弦巻通りとの合流点からキャロットタワーを臨むちょっと進むと、渋谷水道みちは駒沢中学校交差点で弦巻通りとの合流。ここまで来ると、前方に待ち構えるキャロットタワーの姿が大きく見えるものだなあ
 
キャロットタワー展望ロビーから見た渋谷町水道みち水道道路は環七の東で弦巻通りと分岐し、世田谷通りに当たった所で終了。その延長線上に建つキャロットタワーの地下駐輪場にGIOS FELUCAを預け、26階の展望ロビーへ。すると、いま走ってきた渋谷町水道みちが、1本筋となって眼下に現れました。奥には駒沢給水塔も見えますね
 
笹塚から玉川上水新水路跡の水道道路で新宿へキャロットタワーを後に、茶沢通りを北上して中野通りへ。そのまま北上を続けると、甲州街道の北側で都道431号と交差しました。そういえば、この都道も水道道路だったなあ
 
かつての淀橋浄水場に立つ新宿新都心の高層ビル街を行くということで、角筈の水道道路(都道431号)を東進して新宿新都心へ。この一帯は1960年代まで淀橋浄水場があり、現在の高層ビル群からは想像もできない水面が広がってました
 
新宿アイランドのLOVEオブジェに寄り道かつては淀橋浄水場のはずれだった場所、新宿アイランドのLOVEオブジェで信号待ち休憩。ここから靖国通り〜外堀通り〜蔵前橋通りを東進して秋葉原・浅草橋方面へ向かいます
 
鳴門鯛焼本舗のたいやきで糖分を補給帰る道すがら、秋葉原の鳴門鯛焼本舗でタイヤキを購入。休日に留守番をしてた相方へのお土産を兼ねて、糖分補給に励みます。たいした距離を走った訳でもないのに
 
こんな寄り道をしながら、13:50頃に帰宅。この日の総走行距離は57.0km。そのうち、荒玉水道が約29.4km、渋谷町水道が約7.5kmでした。走行ルートはコチラです。厳寒期の体ほぐしにイイかもね。とか言ってる間に、2017年レース開幕戦が目前に迫ってんスけど Σ(゚Д゚lll)
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

帰路は渋谷町水道ポタ[後編]