念願のサドルROMINを入手

saruvera

タイヤを交換して以来、あまり気にしてなかったGIOSオリジナルのサドルに対して不満を感じるようになりました。ナニが圧迫されて苦しくなるんです。
 
お尻が痛くなることはないけれど、走行距離が20kmを超えたあたりから股間がシビシビと痺れます(正座した後の脚のように)。このシビシビは「あって当たり前」と思っていたけど、どうやら股間の血流が圧迫されることで起きるようです。
 
GIOS Original SaddleGIOS FELUCAに最初から付いていた純正サドル
 
いろいろ分かってくるとサドルを交換したい衝動を抑えられなくなり、あれこれリサーチ。SPECIALIZEDのROMINというサドルが、評判いいですね。早速、近隣の店に行ったものの、売り切れていてメーカー在庫もないとのこと。しばらくは、お預けかなあと思いきや……。
 
外苑前に行く用事があったので、スペシャライズド・コンセプトストアに寄り道。他店で在庫なしと聞いて諦めていたサドル「SPECIALIZED ROMIN」を発見しました。もしやと思い、寄ってよかった~。
 
店員さんに声をかけると、坐骨幅を計測して適切なサイズのサドルを倉庫から出してくれました。ちなみに、saruveraの坐骨幅は115mmで、サドルは143mmサイズが適切とのこと。こうやって安心してパーツを選べるのって、うれしいですよね。
 
思いのほか早く入手できました「SPECIALIZED ROMIN Expert」
 
この中央に設けられた溝が、股間の圧迫を緩和するのですな。それにレールが中空のチタン製で軽~い。逸る気持ちを抑えながらサドルを交換。通勤で使いながらベストポジションを探りたいと思います。しばらくの間、ヘキサレンチを携帯することになりますな。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

念願のサドルROMINを入手