MINITS LITE PTを履いて3週間

saruvera

愛車GIOS FELUCAのタイヤをPanaracer MINITS LITE PTに交換して約3週間が経過。片道3kmの通勤で使用しているだけですが、高圧タイヤの恩恵を享受しまくってます。転がり抵抗が少ないので軽く漕げるうえ、コーナリング中に後輪がよれることがなくなったので安心度も向上しました。
 
MINITS LITE PT (font)MINITS LITE PT(フロント)。接地部が尖っています
 
不満はロゴが接地面に近いので、どんどん消えてしまうこと。特にリアは消滅寸前。この差は、リア加重で乗っている証左でしょうか。以前のタイヤはフロントのほうが減っていたのに、どういうこと? ともあれ、早めのローテーションを心がけねば。
 
MINITS LITE PT (rear)リアはロゴがほとんど残っていない!
 
最初の2週間は内圧6.5barで使用。路面状況がゴツゴツと伝わってきますが、不快に感じることはありませんでした。これがダイレクトなレスポンスってやつなんですかね?
 
そして今週、さらに軽く転がることを期待して内圧を7barに高めました。おおっ、最高速が上昇! ただし、小さなギャップも拾ってガッツンガッツン突き上げてきます。パンクしそうで怖いっ。でも、このスピードは捨てがたいしなあ……。悩みどころです。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

MINITS LITE PTを履いて3週間