ずぼらが招いたリム打ちパンク

saruvera

タイヤの空気圧は小まめにチェックしろと、あれほど自分に言い聞かせていたのに……。GIOS FELUCAのメンテナンスを怠ること約4週間。空気圧が低下しているなあと実感してる矢先に、やっちゃいました。リム打ちパンク (ノД`)
 
厳しい残暑でダルダルな帰宅途中、路面のちょっとした段差を越えた直後に「バスンッ!」という音がして、後輪からスルズルとした感触が伝わってきました。急いで確認すると、リアタイヤがペッタンコ。一瞬で空気が抜けきったようです。
 
リム打ちパンクが発覚リム打ちパンクによって空気が抜けきったリアタイヤ。幸い、パンクした場所が自宅のすぐ近くだったので、FELUCAを押して帰ってきました
 
チューブがタイヤ内側に溶着?チューブを外そうとしたら、タイヤ内側にへばりっついてる! この暑さでゴムが溶着したのでしょうか? 恐る恐るチューブを剥がすように取り外します
 
チューブから気泡がブクブクパンクしたチューブに空気を入れて水に浸すと、ブクブク気泡が出てきました。針で刺したような小さな穴が2つ開くのは、リム打ちパンク特有の症状だそうです
 
バルブのプラ製キャップが劣化よく見ると、バルブのプラ製キャップにヒビが入ってました。紫外線などで劣化したのでしょうか? 触ったらポロッと割れちゃいました
 
チェーンやスプロケも清掃して注油取り急ぎ、予備の新品R’AIRチューブと交換。これを機に汚れまくってたFELUCAを隅々までクリーニング。チェーンやスプロケットもキレイに磨き、WAKO’Sチェーンルブを噴布しました
 
リム打ちパンクは、空気圧が低くいと発生しやすいそうです。つまり、今回のパンクはずぼらが招いた結果。メンテせずに放置しててゴメンよう。R’AIRチューブは空気圧が低下しやすいので、週に一度は空気圧をチェックしましょうね。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

ずぼらが招いたリム打ちパンク