Mad City, Chiba

GAIKAN 東京外環をミニベロで走る[後編]

saruverasaruvera

東京外環の千葉県区間(松戸料金所〜高谷JCTの約10km)を開通直前に走る「GAIKANサイクリング」は、好コンディションな走行環境のおかげで往路をあっという間に走りきって強制休憩タイムへ突入。30分ほど待機した11:45過ぎ、復路スタートの動きが見えてきました。
 
復路は50〜100人ほどのグループに区切って順次スタートするそうで、スタッフに導かれてトンネル内のスタート地点へ向かいます。往路を先頭集団でゴールしたことで、復路のスタート順番が早く回ってきた模様。2番目スタートのグループに属して松戸料金所までの10kmを走ります。
 
GAIKANサイクリング 東京JCT手前復路はグループごとに間を開けてスタート。この時間調整が功を奏し、混雑することなく快適なハイウェイクルージングを堪能できます。ものの数分で約3km先の京葉JCTを通過。25km/hの速度制限を心がけてなお、往路以上に早く走り終わっちゃうなあ
 
GAIKANサイクリング ちびっ子ライダー我々のグループの先導は、この2人。ペースメーカーを務めるキッズライダーを見守りながら、微笑ましく走行を続けます。それでも彼女たち、中盤には30km/hまで到達。速度が乗りやすい平坦路が続く影響で、少しずつグループの走行ペースが上がってきたぞ
 
GAIKANサイクリング 東京外環のトンネルを自転車で走るついに復路も終盤。市川北ICあたりから地上の松戸料金所へ向けて、外環道は緩やかな上り勾配へ突入します。さすがにキッズライダーの走行ペースが落ちた刹那、数台が飛び出して単独先行を開始。そんなのアリかよと言う間もなく走行集団は崩壊し、あちこちでスプリント勝負がはじまっちゃった
 
GAIKANサイクリング ゴールゲート走行集団が消滅したことを確認し、シフトチェンジ&ケイデンスを100rpmまで上げて追撃を開始。ディレイラー不調が発動してアウタートップから変速できなくなったけど構うもんか。勾配の途中で力尽きた先行車を1台ずつパスしながら、ゴールゲートへ向かいます
 
ゆるキャラ 松戸さん GIOS FELUCA を語る?ゴール後に地上へ出たところで、ゆるキャラの松戸さん(松戸市在住の49歳・会社員)と遭遇。ハム戸って何だよと思ったら、髪が木偏になってたのね。せっかくなので、GIOS FELUCAと一緒にポーズを決めてもらいました。こりゃあ、ゆるい。ゆるキャラは確あるべし
 
矢切の渡し 船を待つ GIOS FELUCAあっさりイベントが終わっちゃったので、自宅までポタリングしながら帰ることにしました。まずは江戸川の左岸へ出て、矢切の渡しで渡河することにしよう。船代200円を握りしめてヤブ蚊に刺されながら船を待ったところ、乗員がいっぱいだから無理との返事。みんな千葉側で下船しないんだものなあ
 
江戸川 金町浄水場の取水塔次の船を待っても乗れる確証はないので、ちょっと北に架かる新葛飾橋(国道6号)で江戸川を渡って金町へ。とんがり帽子の取水塔を眺めながら、右岸サイクリングロードをポタポタします。ここまで来たついでだ、たまには柴又へ寄ってみようかな
 
GIOS FELUCA と 柴又参道を散策金町浄水場の南で都道307号へ出て、柴又帝釈天の参道商店街へ寄り道。時の流れが止まってるような商店街を歩いてると、今にもタコ社長が出てきそう。寅さんの実家の門前とらやで、柴又名物の草だんごを買ってくか。土日祝限定の焼き草だんごは、醤油と海苔が香ばしい磯辺味で美味です
 
立石バーガー と GIOS FELUCA草だんごをRec-Mountsにぶらさげて、柴又〜高砂〜青砥〜お花茶屋と京成線に沿って西走し、堀切菖蒲園の南側へ。平和橋通りとの交差点脇に佇む立石バーガーへ立ち寄ります。やる気ゼロの店前に設けられた謎の自販機が、一部のマニアに人気。そんな自販機のギミックはコチラの動画(24秒)でどうぞ
 
こうして相方へのお土産(?)を仕入れ、川の手通り(都道314号)で浅草まで南下。14:00前に帰宅を果たした半日ポタリングでありました。この日の総走行距離は約56.3km、走行ルートはコチラです。次のチャンスは、東京外環の西側(大泉IC〜中央道JCT〜東名道JCT)完成時ですかね。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

SHARE

GAIKAN 東京外環をミニベロで走る[後編]