軽量チューブ R’AIRを装着

saruvera

待望の軽量チューブ「Panaracer R’AIR」を、ようやくGIOS FELUCAに装着する日がやってきました。ところが、久しくノーメンテだったFELUCAは、ドロドロの汚れまみれ。まずはクリーンアップしてから、装着作業に取りかかりました。
 
レース用軽量チューブ Panaracer R'AIR高強度ブチルゴムの採用により、軽さと耐久性のベストバランスを実現した「レースおよび短期ツーリング用」のチューブだそうです
 
薄くて軽いチューブですR’AIRの実際の重量は59gでした。デフォルトのチューブは93gだったので、前後輪を合わせると68gの軽量化となりますね
 
ホイールに装着していきます新品のチューブはペッタンコにくっついていたので、軽く空気を入れてから装着に掛かります。なんだか薄々ウレタン近藤さんのような手触りで、作業中は「ちょっとでも乱暴に扱ったら破けてしまいそう」と気を使いました
 
バルブはネジ切りがあるタイプR’AIRはホイールに比べて径に余裕があるので、タイヤの取り付けにも一苦労。サル知恵を絞り、これまでとは違うアプローチをとることで安全な装着ができました
 
最後に空気圧を調整最後に空気を入れ、空気圧をタイヤ(MINITS LITE PT)指定の700kPaに調整します
 
チューブとタイヤを装着したホイールを車体に取り付け、空気を入れた後にチェーンに給油をして作業完了。最後は「早く具合を確かめたい~」と作業をするのももどかしく試走へ出かけたのですが……。教訓「メンテは落ち着いて隅々まで確認しよう」。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

軽量チューブ R’AIRを装着