Inaricho, Tokyo

居心地イイぞ、横尾双輪館のカフェ

saruvera

根拠のない先入観は、人生を損させるだけだな。横尾双輪館が開設したカフェを訪れて、そんなことを痛感しました。横尾双輪館は我家の近所ながら、店頭に並ぶ DE ROSA や COLNAGO の高級車両に敷居の高さを感じてしまい、入店できずにいたんですよねえ。我ながら器が小さい。
 
それが、yu.ko.さん(CarryMeで東京湾一周しちゃうアレな人)からヨコオカフェの存在を教えてもらったので、横尾双輪館(の2階カフェ)初入店となった次第です。その結果は、案ずるより産むが易し。お店の方は下町らしい気さくさで、店内は落ち着いた大人な雰囲気。ありゃ、居心地イイぞ。


 
横尾双輪館とヨコオカフェ清洲橋通り沿いに建つ横尾双輪館。その店構えの右脇にある青色の扉が、ヨコオカフェの入口です。自転車関連のショップや卸業者が集まる上野・御徒町エリアの一角にあり、ちょっと北には浅草通りと稲荷町駅、ちょっと南には春日通りと新御徒町駅。アクセスしやすい立地です。
 
ヨコオカフェの入口ヨコオカフェの入口には、カフェの創業年と横尾双輪館の創業年が記されてます。メディアが “都内屈指の老舗プロショップ” なんて形容するから、客側は身構えちゃうんだよな。などと己の狭量っぷりを自己弁護しながら、カフェに通じる階段を昇ってくと……。
 
クロモリフレームがディスプレイされたヨコオカフェの店内コンクリート壁と木製テーブルで設えた店内に、ショールームのように配されたビンテージのクロモリフレーム。スタイリッシュでありながらマニアックな空間に、しばし呆然としちゃいました。それでいてオーナーご夫妻が気さくなんだもの、こりゃあハマるわ。
 
オリジナルブレンド(レジェロ)今回は2種類あるオリジナルブレンドのうち、レジェロをいただきました。奥行きのある味わいながら、後味はスッキリ軽やか。飽きのこない安定感があります。同行したまりぽさんは、もう1種のホルクスブルーを注文。香りと味が豊かで、どっしりとしたコクがあるとのこと。どちらも500円と良心価格。
 
クロモリフレームがディスプレイされたヨコオカフェの店内我々が陣取った座席の横にディスプレイされたフレームは、横尾双輪館オリジナルの HOLKS や H Racer の他、イタリアンハンドメイドの BIXXIS EPOPEA に、EDDY MERCKX CORSA EXTRA(?)……。ここはクロモリフレームの美術館かな?
 
カンパニョーロのワインオープナーも陳列壁際の調度品もマニアック。ワインオープナーが Campagnol Big The Corkscrew だったり、絵画が加藤一画伯だったり。こうした品々を眺めながらコーヒーやアルコールをちびちび楽しめるなんて、長居しないほうが難しいでしょ。残念な点はバイクラックがないことくらいですかね。
 
ジャージ生地のカラーパターンサンプルとても誘惑の多いカフェバーだけど、本来の目的であるチーム小輪爺10周年記念ジャージの仕様を詰める打ち合わせもちゃんとしましたよ。まりぽさんとデザイン・シルエット・生地を決定し、サンプルを使ってサイズや着心地も確認。生産ラインに乗る日は近いですよー。
 
さて、インテリアに目を奪われがちなヨコオカフェは、野菜ソムリエのママさんが手掛けるフードメニューも華やかでステキです。あとね、3500円でアルコール飲み放題。貸し切り可能なので、今度のチーム小輪爺の酒宴はココでやろうかな。居心地がよくて近所なんだもの、通い詰めちゃいそうです。
 

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

居心地イイぞ、横尾双輪館のカフェ