Sagamihara, Kanagawa

ツール・ド・うどん 尾根幹カレー[後編]

saruvera

尾根幹でヒルクライム練習をしながら相模原にやってきた4人のミニベロおやじは、10:40頃にカレーうどん屋 咲々へ到達。さあ食うぞ! と意気込んだものの、店の入口には「準備中」の札。開店する11:30まで、近所のコンビニでミニベロ談義をしながら待つことにしました。
 
相模原のカレーうどん屋 咲々国道16号に面したカレーうどん屋 咲々。サイクルラックはないので、車道と自転車通行帯の間にある空地にミニベロを重ねて駐輪し、11:30になるのを待って入店しました
 
咲々のカレーうどんに牛肉チャーシューをトッピングカレーうどん(温)大盛りに牛肉チャーシューをトッピング。コシの強い讃岐うどんとクリーミーなカレースープの組み合わせが絶妙で、これはウマし! 思わず小ライスも追加しちゃった (´・ω・`)
 
淵野辺駅の脇を北上いやあ満足。近くのコンビニで給水&食休みして、13:00頃に復路走行を開始。国道16号から淵野辺交差点を左折し、県道57号を北上します。復路は下り基調で助かるわい(上りがないとは言ってない)
 
井の花から再び登坂町田市に突入し、図師交差点でKONさん@GIOS FELUCAとお別れ。また一緒に走りましょう! その先で左折して都道19号に入ると、現れてきました上り勾配。苦行タイムのはじまりです
 
ミニストップ町田和光学園前店で休憩約1kmの4.4%勾配を登坂し、頂上にあるミニストップ町田和光学園前店へピットイン。あ〜体に熱が溜まる。余裕をかます2人をよそに、早くも空になった2本のドリンクボトルに氷水を満たします
 
町田と川崎をまたぐつづら折りを登坂最後の休憩を終え、13:40頃に走行を再開。鶴川街道(都道19号)は次第に斜度を増し、町田市と川崎市の境界付近でつづら折りに。泣きが入るけど、この峠を越えればもう下るだけなはず(心からの願望)
 
尾根幹の起点・矢野口へ帰ってきた願望が叶って(?)下り基調の鶴川街道を北上し、稲城駅の北側で尾根幹(南多摩尾根幹線)へ。体の排熱がうまくいかなくなり、停車のたびに頭と首に氷水をかけながら矢野口交差点へ帰ってきました
 
調布駅前に帰還したミニベロ3台ゴールを目前にしながら、妙にフラつくし、よだれが垂れるし。熱中症になりかけてるのかな? 見かねた佐式さんの先導で14:30頃に調布駅南口へ帰還。ぐるりと1周してきた走行距離は約45.3kmでした
 
川越へ帰っていく佐式さんProgressive CX-162とりあえず駅前のローソンへ飛び込み、氷カップに注いだコーラを飲んでクルールダウン。落ち着いたところで、調布飛行場の駐車場へ向かう佐式さん@Progressive CX-162を見送ります。速いわ、この人
 
自走で帰るまりぽさん@Pocket Rocket Proまりぽさん@Pocket Rocket Proは帰路も自走するというので、無事の帰還を祈ります。サーセン、あたしゃ京王線〜都営新宿線で輪行して帰ります(今朝、輪行袋を駅ロッカーに預けておいたのだ)
 
馬喰横山で下車し、輪行袋からGIOS FELUCAを取り出して浅草橋へ帰着。炎天下のヒルクライムは、予期した以上にキツかったわい。本日の総走行距離は約74.6km、走行ルートはコチラです。次回のツール・ド・うどん stg.3は、ちょっと涼しくなってから開催しましょうね。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう

Twitter で

2 コメント

  1. KON
    2017.7.28 at 21:50 — 返信

    saruveraさま

    KONです。

    先日は、ツール・ド・うどん(TDU)に参加させて頂き
    ありがとうございました。

    とても楽しく走らせて頂きました。
    次回はフル参加できるように少しづつ練習距離を伸ばしていきます。

    まりぽさま、佐式さま
    素人の私に色々ご指導頂き、ありがとうございました。
    お陰さまで…自転車にハマリそうです!
    次回、ご一緒できるのを楽しみにしております。

    KON

    • 2017.7.28 at 22:09

      >KONさん
      TDUご参加&コメントありがとうございます。楽しんでいただけたようで、主催者としては感無量です。ちょっとずつ、行動範囲と自転車への興味が拡大したら、我々もうれしい限りです。

      他にもTDU参加者には濃ゆい方が多々いますので、きっと今後もお楽しみいただけると思います。ぜひ、また一緒に走りましょうね。これからも、よろしくお願いします!

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

ツール・ド・うどん 尾根幹カレー[後編]