Inagi, Tokyo

ツール・ド・うどん 尾根幹カレー[前編]

saruvera

猛暑たけなわな7月中旬、ツール・ド・うどん(TDU)第2ステージの開催日がやってきました。曇空と予報されてるけど気温は35℃近くまで上がるみたい。今回の舞台は尾根幹、つまりは苦手なヒルクライム。こりゃあ体力温存のため、スタート地点の調布駅まで電車輪行しようかな。
 
そう思って準備してた開催前日、まりぽさん@Pocket Rocket Proから連絡。曰く「一緒に調布駅まで自走しようよ」とな。そう言われたら断るわけにゃあいきませぬ。6:30に中野サンプラザ前で合流の約束をして、開催日の朝を迎えました。
 
後楽園の脇を抜けて新宿方面へ6:00に浅草橋の自宅を出発し、蔵前橋通りから後楽園遊園地の南側を抜けて大久保通りへ。どうにか6:30に中野サンプラザ前へ到着し、まりぽさんとの合流を果たします。ここまで約11.7km
 
調布駅南口にGIOS FELUCAを停車小休憩後、6:50に中野を出発。青梅街道〜五日市街道〜人見街道〜東八道路を西走し、野崎八幡前交差点から武蔵境通りを南下して7:40に調布駅の南口へ。中野から約16.2km、本番前に疲れ果てた (;´Д`)
 
多摩川原橋を渡って尾根幹へここで初参加の佐式さん@Progressive CX-162が、カーナビ誤爆により遅刻。予定から50分遅れの8:50にスタートと相成りました。この多摩川原橋を渡れば、いよいよ尾根幹(南多摩尾根幹線)です
 
稲城福祉センター入口から登坂スタート矢野口の南武線ガードから約1.9km。稲城福祉センター入口交差点の先で、ついに坂道がお目見え。ここから杜の一番街北交差点までの2.1kmは、平均勾配3.8%の登坂路です。まあ、何とかなるでしょ……
 
あっという間にみんなに置いてかれるが、その考えは甘かった。あっという間にみんなに置いてかれ、500m先の赤信号にsaruveraだけ引っかかる始末。この間、わずか3分。早くも1人旅体制を構築しちまいました
 
若葉台公園西から再び登坂あとは孤独にペダルを回すだけ。ほぼインナーローに入れっぱなしで、ヒイヒイ言いながら坂を上ったり下ったり。後続車にガンガン抜かれながら、中継地のセブン-イレブン多摩南野店を目指します
 
多摩ニュータウンの坂道を登るきっと、この坂の上にセブン-イレブンがあるはず。そんな期待を抱きながら、いくつの坂を越えて行くのだろう。でも「10km/h以下に落とさないぞ」と、低レベルなノルマを課してヘコヘコと進みます
 
セブンイレブン多摩南野店で休憩そんな精神状態だから、セブン-イレブン多摩南野店の存在は砂漠のオアシス級。9:50頃、空になったボトル2本に氷水を満たし、ここで合流してくれたKONさん@GIOS FELUCAと初対面を果たします
 
小山長池トンネルの先は下り坂15分の休憩を経て4人で再出発。佐式さん・まりぽさんに先行してもらい、KONさんと2人旅であります。この小山長池トンネルを抜ければ、あとは国道16号まで下り勾配ばかりなり
 
国道16号の自転車専用道を進む米軍基地の脇を南下して国道16号へ。クルマの交通量が多い道なので、自転車通行帯を走ってみます。幅員は3mと広いけど交差点のたびに段差があるので、路面からの突き上げがキツくて走りにくい……
 
ともあれ、目的地のカレーうどん屋 咲々まであと2km弱。時刻は10:30を過ぎ、かなり気温が上昇してきました。早くエアコンの効いた店に入ってクールダウンしたいなあ。まあ例によって、そうは問屋が卸さない的な展開が待ってましたが、それは次回の[後編]で。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

ツール・ド・うどん 尾根幹カレー[前編]