Higashisuna, Tokyo

走り初めは湾岸&下町グルメポタ

saruvera

今年は寒波の当たり年だそうで、あまりの寒さに外出する気持ちが萎えがち。走り初めの頃合いを逡巡してたところ、職場の若手が数年ぶりにロードバイクで走りたいと言うので、50km程度のポタリングを計画。集合場所を葛西臨海公園に設定し、湾岸から下町を1周することにしました。
 
冬眠生活で鈍った体を目覚めさせるには、このくらいの距離と負荷から再始動すべきでしょう。ということで1月中旬の土曜日、朝7:00頃に浅草橋を出発。新シューズ fi’zi:k TEMPO OVERCURVE R4 の具合を確かめながら清洲橋通りを東進し、荒川の下流へ向かいます。


 
朝日を浴びる荒川河口から東京湾を臨む南砂で永代橋通りに出て、清砂大橋で荒川と中川を渡河。メンタルトレーニング(認知行動療法の応用)によって高所恐怖症が薄らいでる手応えを覚えつつ、中川左岸CRを南下します。朝日に照らされた東京湾と、遠くに見える東京ゲートブリッジや富士山が美しい。
 
葛西臨海公園の大観覧車とチタンミニベロ予定通り8:00ちょっと前に葛西臨海公園へ到着。大観覧車を背景にチタンミニベロ LIGHTCYCLE Ti451 をカメラに収めた後、集合場所の駅前噴水広場へ。フルリーモート職場ゆえ若手社員iwa氏とリアル対面するのは2回目。オフ会のような感覚で雑談した後、8:20頃にお台場へ向けて出発であります。
 
豊洲市場前を通ってお台場へ向かうまずは再び清砂大橋を渡って明治通りへ出て、塩浜通りを西走して豊洲方面へ進みます。そして豊洲からは豊洲有明線を西走し、有明コロシアム前まで一気走。iwa氏は20代半ばとあって車速の上げ方がパワフル。この時期から40km/h以上で巡航させられるなんて、オジサンは露にも思ってなかったよ。
 
お台場ダイバーシティのユニコーンガンダム立像こうして9:00過ぎに、お台場ダイバーシティのユニコーンガンダム前へ到達。うげえ、何この疲労感。まだ30kmしか走ってないのに、脚に乳酸が溜まってる感じがする……。とりあえず、ガンダムを撮影しながら脚を休ませなくちゃ。悲しいけど、これが年齢差なのよね。
 
豊洲から晴海通りで銀座方面へそんな “なまくら脚” の回復を待って9:30頃に走行を再開。ゆりかもめを頭上に青海有明南連絡線を東京ビッグサイトまで東進した後、晴海通りで銀座方面へ向かいます。まだ交通量の少ない晴海大橋を渡りながらダウンヒルを楽しみ、その先の晴海三丁目交差点を左折。その目的は……。
 
まだ工事が続く晴海オリンピック選手村工事中で入れなかった晴海オリンピック選手村の最新状況を見にきたのでありました。選手宿泊施設のマンション改装工事は継続中で、巨大で真新しい墓標のような寒々しさが漂います。この埋立地に住むような住宅需要が、いまさら生まれるのだろうか。レガシーとは皮肉な響きでありますなあ。
 
日本橋の日本国道路元標とチタンミニベロさて、晴海埠頭で小休憩した一行は、再び晴海通りを西走して銀座へ。増えてきた人出を避けるように中央通りを北上し、日本橋の日本国道路元標にやってきました。さあ、ここから北は本格的な下町エリア。脇道から飛び出すママチャリに注意しながら、中央通り〜不忍通りを北上します。
 
谷中のマミーズ・アン・スリールで紅玉アップルパイを食す江戸川乱歩な団子坂下から脇道へ入り、谷中よみせ通り商店街に着いたのは10:30過ぎ。小腹が空いたというiwa氏にマミーズ・アン・スリールを教えたら、すごい勢いで入店しちゃったよアノ人。店前の隅っこで冬季限定の紅玉アップルパイを補給(ゴミは持ち帰りましょう)し、浅草へ向かいます。
 
本所の吉良上野介屋敷跡に寄り道そうはいっても、昼近くの浅草は芋洗い状態。さっさと吾妻橋で隅田川を渡り、両国国技館を経由して本所松坂町公園にやってきました。この辺りは忠臣蔵で有名な吉良上野介の屋敷跡で、赤穂浪士が彼の首を洗った井戸などの史跡が点在。あとパールイズミの社屋も。
 
荒川ロックゲートとチタンミニベロ LIGHTCYCLE Ti451そんな寄り道をした後は新大橋通りを東進し、大島小松川公園から荒川CRへ。そのまま右岸CRを河口へ向かって走り、荒川ロックゲートまでスプリントごっこに興じます。この辺にきたのは何年ぶりだろう。時刻はそろそろ12:30。葛西臨海公園へ帰着する前に昼食としますか。
 
荒川右岸の近く(東砂)にある喫茶とまり木ということで、葛西橋の西詰から土手上の車道に出て、清洲橋通りの裏手にある喫茶とまり木にやってきました。静かで落ち着いた空気が流れるカフェながら、立て掛け式のサイクルラックも常設。大人向けの良店といった佇まいで、ハンドドリップコーヒーと安らぎの時間を過ごせます。
 
喫茶とまり木の気まぐれランチは手こねハンバーグこの日の気まぐれランチは、5食限定のハンバーグセット。口内でホロッとほぐれるハンバーグは肉の旨味にあふれ、どっしりとしたデミグラスソースと相まって高い満足度をもたらします。さらりとした味わいのコーヒーも、食後の一杯に最適。この店はレベル高いぞ。
 
葛西臨海公園の噴水広場へ帰着したチタンミニベロおいしい食にありつくとポタリング自体の満足度も高まるもので、満ち足りた気分で葛西臨海公園へ戻ってきました。まあ、満ち足りた理由は他にもあったのですがね。サイコンを修理に出してたsaruveraは、帰宅後にスマホのStravaを見るまで知る由もありませんでした。
 
新小松川大橋で荒川を渡河して浅草橋方面へここでiwa氏とのポタリングは散会。また同じルートを走るのもアレなので、船堀街道〜京葉道路というルートで浅草橋へ帰るとしよう。ただね、強さを増す北風を受けて新小松川大橋を渡るのは、なかなかにスリリングでした。まだメンタルトレーニングを続けないとなあ。
 
こうして帰宅後、スマホのStravaで走行ログを確認したら走行距離が約90.3kmとな? そりゃあ走った感が強くて当然だわな。我家から葛西臨海公園まで片道15km近くあったのね。うーむ、どこが “ゆるポタ” だったのだろう。そんな走行ルートは[コチラ]です。読みと詰めの甘さは今年も健在!

今回のポタリングをRelive動画で振り返る


 

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

走り初めは湾岸&下町グルメポタ