Ueno, Tokyo

海女カフェに行ってきた ( ‘ jjj ’ )

saruvera

日課のように観ていた「あまちゃん」が終わって早1カ月。ようやく“あまロス”から抜け出した矢先、ドラマでお馴染みの「海女カフェ」が上野アメ横に期間限定でオープンしたというので、散歩を兼ねて行ってみることにしました。
 
アメ横の上野駅寄りにあるアメ横センタービル海女カフェが特設されてるのはアメ横センタービルの5階とのこと。劇中ではアメ横女学園の劇場(東京EDOシアター)を擁するビルでしたね
 
アメ横センタービルの退廃した階段アメ横センタービルは、アメ横特有の胡散臭さやあか抜けなさを煮込んだ感じの空気に包まれてます。退廃感の漂う外階段で2階に上り、そこからエレベーターで5階へ
 
海女カフェと潮騒のメモリーズ抽選会場と書かれた方向へ進むと、海女カフェがありました。「潮騒のメモリーズ」のイラストボードの後ろに、劇中で使われたセットや小道具が並んでます
 
海女カフェの看板これも劇中で海女カフェの入口にかけられてた手作りの看板。いかにも流木や廃材で作った感じに仕上げられてます。ストーブさんの作でしたっけ?
 
喫茶リアスの看板北三陸の人々が集う「軽食&喫茶リアス」のスタンド看板もありました。欲を言えば「スナック梨明日」の看板も見たかったなあ
 
GMT5の衣装も展示さらに「GMT5」の衣装も展示されてました。みんな細くて小柄なんだなあと感心。このほか、北三陸鉄道を模した記念撮影セット(お座敷列車仕様!)もありました
 
レトルトまめぶ汁場内で「まめぶ汁はいかがですか?」と声をかけられたので行ってみると、レトルトまめぶ汁を販売してました。「食品衛生法上、ここで食事を出せないのでレトルトで勘弁してください」とのこと。それは残念だなあと思いながら2つ購入
 
この海女カフェは台東区と荒川区の商店街連合会による企画なので、小規模で派手さもありません。でも、このくらいが「あまちゃん」を振り返るには、ちょうどいいのかもしれません。時間のある人は、ついでに近辺のロケ地をポタリングしてはいかが?
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

海女カフェに行ってきた ( ‘ jjj ’ )