Lake Yanakako, Tochigi

オフ会を兼ねて渡良瀬遊水地までトレーニング走?

saruvera

早いものでコロナ禍も3年目。ニューノーマルが浸透する中、レースイベントの開催数が増えてきましたね。そして “日産スタジアム・サイクルパークフェスティバル” が久しぶりに開催されると知り、小径車クラス180分エンデューロにエントリーしました(チーム小輪爺2組4人体制)。
 
レースに出るとなれば、走り込んでおかないとマズいよね。そう考えた矢先に渡良瀬遊水地でミニベロ中心のオフ会が催されることを聞きつけ、一石二鳥とばかりにトレーニング走を計画。チーム小輪爺のテルさんを巻き込んで、いざ江戸川CR〜利根川CR〜渡良瀬川CR〜渡良瀬遊水地ライドへ。


 
言問橋で隅田川を渡り国道6号を北上テルさんと5:30に葛飾橋西詰で合流する予定なのに、自宅を出たのが5:20という大失態。やばい、シメられる!と焦りながら言問橋で隅田川を渡り、高ケイデンスで国道6号を北上します。もちろん、ウォームアップすることなく最初からレッドゾーン。何やってんだ、オレ。
 
葛飾橋の西詰から江戸川CR右岸へ突入こうして6:10に葛飾橋西詰へ到着したものの、テルさんの姿が見えません。10分前に届いてたメッセージを確認すると、先行して三郷のタマネギで待ってるとな。急いで江戸川右岸CRに入り、再び全開走行。葛飾橋から約7.8km上流のタマネギ(みさと風のひろば)へ向かいます。
 
みさと風のひろばでテルさんと合流まだ人影の少ない江戸川右岸CRを30km/h前後で走り続け、15分ほどでみさと風のひろばに到達。ようやく、GIANT IDIOM 1 を駆るテルさんと合流できました。まだ先は長いのに、早くも息も絶え絶え。5分間の休憩を請うた後、6:30に走行再開であります。
 
テルさんに牽いてもらい30km/h走行を続ける再び30km/h巡航なれど、背中の大きなテルさんに牽いてもらって手抜き走行。これは楽ちん。素晴らしきかなグループライド。しかし、今日の目的がトレーニング走であることを忘れたsaruveraを、いつまでも天が見逃すはずもなく……。
 
玉葉橋の手前でテルさんを視認できなくなる橋のアンダーパスから登坂するたびに遅れ出し、やがて2人の間隔はドラフティング有効圏外へ。ついには玉葉橋の手前で、テルさんの姿を視認できなくなりました。ここから再び単独走行。約27km先の関宿城でテルさんが待ってることを期待しながら、せっせとペダルを回します。
 
関宿水閘門で江戸川最上流を右岸から左岸へ渡河松伏休憩所で5分休憩を挟みながらも、25km/h以上の維持を心がけながら遡上を続け、江戸川最上流(利根川との分岐点)へやってきました。ここに設けられた関宿水閘門で江戸川の左岸へ渡り、マムシ注意の看板が立つ公園を抜けて関宿城へ。
 
関宿城博物館の前にチタンミニベロを停止させるこうして8:10頃に関宿城へ到達。この疲労感、自己最速記録の手応えあり。それはさておき、先着してるであろうテルさんの姿がありません。追い抜いたとは考えられないので、すでに出発したのでしょう。ちょっと長めの休憩をして8:30に走行を再開。渡良瀬遊水地まで、あと20km!
 
関宿水閘門から利根川CR右岸の遡上を開始再び関宿水閘門を渡り、江戸川右岸CRから迂回路を経て利根川右岸CRへ。おお、向かい風が強い! 利根川峠の洗礼を浴びて車速が下降。苦しみながら進んでると、東北新幹線橋梁に差し掛かった8:50頃にテルさんからゴールしてる連絡が届きました。早っ!速っ!
 
歩道が広い利根川橋で利根川左岸へ渡るそんな驚愕も束の間、高所恐怖症のsaruveraにとって最大難所の “利根川越え” 到来。とはいえ無策ではありません。半ベソになった昨秋を教訓に、事前調査に基づく作戦を立たのだよ。ということで、歩道が幅広な利根川橋を使って難なく渡河。ふふふ、このためだけに右岸CRを走ってきたのだ。
 
渡良瀬川起点の道標とチタンミニベロ LIGHTCYCLE Ti451利根川橋を渡って利根川左岸CRを2kmほど遡上すれば、渡良瀬川の起点。最大難所を越えたことで気分が上がり、車速も再び30km/h前後へ。わはは、猪突猛進、猪突猛進〜! その勢いと車道走行の二段構えで三国橋の高所恐怖を克服し、渡良瀬遊水地の最南端へ到達。
 
渡良瀬遊水地の中央エントランスにチタンミニベロを停車さすがに疲労が溜まってきた脚にムチを入れ、残り3kmのラストスプリント。関宿城出発時に定めた予定時刻ジャストの9:30、渡良瀬遊水地の中央エントランスに到着しました。ドリンクボトルを補充しながら休憩するうちに、先着してたテルさんやオフ会参加者の方々とも合流。
 
ミニベロ集団と一緒に渡良瀬遊水地を周回アガスティーアさんが主催したオフ会には、チーム小輪爺ゆるポタ詐欺モンスターみなみさんをはじめ、多数のミニベロ愛好家が集合。とても濃い集団での谷中湖周回は楽しいですね。調子に乗ってスプリントごっこに加わり、50km/h突破直後に長内転筋の痙攣に襲われて悶絶したけど。
 
道の駅かぞわたらせで冷汁うどんを食すチーム小輪爺の3人は、帰路を考慮して11:50にオフ会を離脱。saruveraとテルさんは、走行前に道の駅かぞわたらせで昼食を摂ることにしました。気温35℃ということもあり、大盛りの冷汁うどんが旨い。手打ちっぽい加須うどんがイイね、などと井之頭五郎ごっこに興じてると……。
 
柳生駅から東武日光線で輪行して帰京まさかの仕事に絡む呼び出し連絡。その要件の決着時刻を考えると、自走帰宅では間に合いません。仕方ない、最寄りの柳生駅から東武日光線で輪行するか。渡良瀬遊水地を含めたサイクリングは、ことごとく自走帰宅が頓挫するなあ。何か因縁でもあるのかしら。
 
またもや片道切符に終わった渡良瀬遊水地ライドの総走行距離は約94.8km。走行ルートは[コチラ]です。80km/4時間のペースは、先着したテルさんから60分遅れ。レースまでに詰めねばならない余地は、かなり大きいですね。あーあー、トレーニングはツラいなあ。

今回のサイクリングをRelive動画で振り返る


 

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

オフ会を兼ねて渡良瀬遊水地までトレーニング走?