Takao, Tokyo

大垂水峠でヒルクライム練習

saruvera

チーム小輪爺の大半が出走することになった「第2回 榛名山ヒルクライム in 高崎」まで残り1カ月となった日曜日。チームの数少ないヒルクライム経験者であるsambeさん主導により「ヒルクライム朝練@高尾」が敢行されました。
 
高尾駅の北口からスタートこの朝練に、登坂が苦手なヒルクライム初心者のsaruveraも参加。朝8:30に高尾駅に集合ということで、御茶ノ水駅から中央特快で輪行。……のはずが、寝坊して9:00に到着しました。本当にゴメンナサイ。あと、これから朝ごはんを食べてもいい?
 
国道20号を高尾山方面へこの日の参加メンバーはsambeさんとsaruveraのほか、まりぽさん、yuzanさん、マグナムさん、そしてsambeさんが掛け持ちしてるteamシモーネの会長さんの6人。9:15頃に高尾駅北口を出発し、国道20号を高尾山方面へ向かいます
 
護摩橋を前に早くもインナーロー高尾ICを越えた先で「各自のペースで大垂水峠へ」とsambeさんの号令。ケイデンス90~100rpmの維持を心がけて登坂をはじめたものの、3km先の護摩橋で早くもギアはインナーロー。それを尻目に先行するyuzanさんはアウター(58T)のまま!
 
どうにか大垂水峠に到着マスタング方式で戻ってきた会長さんやyuzanさんに再び抜かれながら、どうにか大垂水峠の頂上へ到着。4.2kmの坂道を約15分といったところ。速度もケイデンスもひたすら落ち込み、登ることで精一杯でした…orz
 
大垂水峠から高速ダウンヒル大垂水峠を登った先は、相模湖まで下り坂。調子に乗って58km/hくらいでコーナーへ突入しようとした刹那、脳裏に相方の顔が浮かんだので自重。それでも45km/h前後でコーナリングを続けてると、脳内に汁があふれて笑いが止まりません
 
相模湖畔で雑談するオヤジたちあっという間に相模湖畔の公園へ到着。しばし雑談を交わしながら休憩します。teamシモーネの会長さんは、お下劣なジャージとは裏腹に紳士的なナイスガイでした。みんな、シャイなオヤジなんですなあ
 
今度は相模湖から大垂水峠へそろそろ次の峠へ向かうかと動きはじめたところ、sambeさんから「和田峠を登るには脚力不足」とのお言葉。みんなで再び大垂水峠に向かって、北相中学校の前から各自のペースで登坂を開始します。またもや、早々にギアを使い切ってしまうのでありました
 
大垂水峠でマグナムさんを待つそれでも、往路より楽に大垂水峠の頂上へ到着。ひょっとしてコツを掴んだ?と浮かれます。その実態は「高尾側より相模湖側のほうが、斜度が緩やかなだけ」なんですけどね。気を取り直して、高尾駅まで一気に坂を下っていきます。再び脳汁ぶしゃー!
 
高尾から国道20号で都心へ向かう12:00頃に高尾駅へ戻り着き、ここで解散することに。また輪行するのも面倒だなあと思ってると、道標の「日本橋まで50km」という表示が目に留りました。走り足りない気もしてたので、sambeさん&シモーネ会長さんと一緒に自走で帰ろう
 
環八に出て五日市街道で東進国道20号を東進し、多摩川に架かる石田大橋で会長さんと別れた後、東八道路~人見街道~五日市街道で高円寺へ。環七で早稲田通りへ出た後にsambeさんと別れ、明治通り~新目白通り~春日通りを走って浅草橋を目指します
 
高尾から浅草橋までは緩やかに坂を下るだけ。そう思ってたら道の選択を誤り、最後に安藤坂真砂坂といった激坂を登る羽目に。すっかり脚が重くなって15:00過ぎに帰宅。この日の走行距離は約88.2km、走行ルートはコチラです。次回はオギノパンだ!
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

2 コメント

  1. 2014.4.20 at 21:55 — 返信

    こんにちは、シャイガイこと、シモーネのいっきです!
    先週は坂練にお邪魔させて頂いて、
    とっても楽しかったです!
    高尾駅でちょいお腹をハミ出しながらの登場にビビってしまい、
    あまりシモ的な会話が出来ませんでしたが、
    次は更にシモーな雰囲気をカマしてイキますので、
    またお相手よろしくお願いします!!!
     次はパン屋さんライドですね!!!

    • 2014.4.20 at 22:08

      >いっきさん
      コメントありがとうございます!
      初対面から遅刻&醜態をさらしてしまいましたが(平常運転?)、
      イヤな顔せずにお付き合いいただき、ありがとうございました。
      これから徐々にシモーが解放されていくのでしょうか?
      それもまた、今後の楽しみではあります (;´Д`)ハァハァ
      次はオギノパンライド、よろしくお願いします!

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

大垂水峠でヒルクライム練習