ド貧脚の返上のために(その1)

saruvera

チーム小輪爺の走行会でド貧脚を白日の下に晒し、自分でも唖然。これほどまでに脚が衰えていたとは……。TOKYOエンデューロ2012 River Stageの本番までに、 少しでも脚を鍛え直そうと策を講じました。走行会の翌日から実行を始めた策とは……。
 
・この数カ月サボってた自転車通勤を再開
・帰路は遠回りして登坂のあるルートを走る
・昨夏から封印してたチェーンリングのアウターギアを使用
・アウターギアで30km/h・ケイデンス100rpmの維持を心がける
・上半身を強化するための筋トレも自宅で行う
 
アウターギアのみで漕ぐべし!漕ぐべし!これまで封印してたアウターギアだけを使って、30km/h・ケイデンス100rpmの維持を心がけて自転車通勤。これで少しは脚を鍛えられるかなあ
 
あちこちの筋肉が早くも悲鳴を上げてプルプルしてるけど、少しでもまともにレースを走れる体に仕上げていかねば。あしたのためにド貧脚を返上するために、漕ぐべし! 漕ぐべし! レース本番まで、あと44日……。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう

Twitter で

6 コメント

  1. D
    2012.2.3 at 19:05 — 返信

    ミニベロでは峠道以外でインナーって要らなくないですか?
    街乗りで使ったことないのですが・・・

    • 2012.2.4 at 01:22

      >Dさん
      げげっ、そうなんですか ΣΣ(゚Д゚;)
      去年のMINILOVEで心肺機能が弱いことが分かったので、
      それを克服するため、雑誌の受け売りで(ロード向けだったけど)
      「とにかく高ケイデンスを維持」のためインナーを使ってました。
      半年以上、無駄なことをしてたのかな…orz

  2. D
    2012.2.4 at 10:39 — 返信

    いや、無駄とまでは言わないし、ケイデンスを高めるのは悪くないと思いますよ。
    ただ、低負荷の練習ばかりしているとパワーが無くなるようで、僕も昨夏に痛い目にあいました(笑
    どんな練習も偏りすぎるのは良くないと思われます。
    あと、スピードを目標にしてると、そのスピードで満足してしまい、成長しなくなる傾向がありそうなので注意が必要です。

    • 2012.2.4 at 13:20

      >Dさん
      なるほど、全てはバランスが大切なんですねえ。自転車は奥が深いなあ。
      「スピードを目標にしてると、そのスピードで満足」は当てはまるかも。
      スピードは目標ではなく、目安にしたほうが良いということですかね?

  3. テル
    2012.2.10 at 12:18 — 返信

    ふむ。インナーはバテバテの坂道でしか使わないですね。アウターで高ケイデンスの方がいいです。90オーバーで1時間以上とか。自分は心拍をあげたままどれだけ走れるかを考えながら走ってました。だから、その時のキツメの速度から落とさないようにするとか、変動的に速度を目安にはしてました。

    • 2012.2.11 at 09:42

      >テルさん
      うーむ、ミニベロのインナーは、ほぼ使わないものなんですねえ。
      アウターでケイデンス90超を1時間以上。これが当面の目標ですね。
      目安にする速度の件も納得。アドバイスありがとうございます!
      アウターでガシガシ漕げる脚を作るために、日々鍛錬せねばっ!

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

ド貧脚の返上のために(その1)