ULTEGRAコンポの操作感にベタ惚れ

saruvera

GIOS FELUCAを10速化してから、早くも3カ月が経とうとしています。さすがにDURA-ACEチェーン(CN-7900)といえども初期伸びが出てきたようで、 シフトチェンジの際に若干もたつくようになりました。そこで週末のメンテナンス時にディレイラーのアジャスターを調整。スパッと小気味いいチェンジフィーリングを取り戻しました。
 
デザインはさておき、ULTEGRAコンポーネントのスパッと変速してチャキンッと収まるチェンジフィーリングにsaruveraはベタ惚れでありまして、このキレ味のよさはデフォルトのSORA+ProWheel製チェーンリングと隔絶した差を感じます。
 
リアディレイラー(ULTEGRA RD-6700-SS)11-12-13-14-15-16-17-19-21-23Tというクロスレシオのスプロケット(ULTEGRA CS-6700)へ、正確かつ素早くチェーンを送り出すリアディレイラー(ULTEGRA RD-6700-SS)。病み付きになるフィーリングです
 
クランクセット(FD-6700-F)フロントディレイラー(ULTEGRA FC-6700)とクランクセット(FD-6700-F)も、アウター(53T)とインナー(39T)の変速が素早くてスムーズ。おかげでインナーを使う機会がとても増えました
 
使ったことはないけど、DURA-ACEコンポーネントはもっとすごいキレ味なのですかね? そう考えると恐ろしいほどです。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

ULTEGRAコンポの操作感にベタ惚れ