BRUNO SKIPPER[TCC仕様]

saruvera

東京シティサイクリングを1週間後に控え、相方の愛車BRUNO SKIPPERをメンテ&小改良。デフォルトタイヤのKENDA K-RADはダートラ用でクソ重いので、もっと楽に走れるタイヤに交換してみました。
 
BRUNO SKIPPERにMINITS LITE PTを装着SKIPPERにもMINITS LITE PTを装着(サイズは406)
 
SKIPPERはリムとスポークが黒色なので、MINITS LITE PTを履くとかなり締まって見えます。なのに「かわいくなくなった」と不評。カッコイイと思うけどなあ。確かにデフォルトのときは、細いクロモリフレームとゴツいタイヤのアンバランス感が、ワークブーツを履いた女の子みたいでカワイイけどさあ。
 
また、引き脚が使えるようにトゥクリップを装着しようとしたら、デフォルトのペダルには装着不可能と判明。
 
BRUNO SKIPPERの標準ペダルこのペダルではトゥクリップを装着できないじゃん
 
GIOS FELUCA標準ペダルにトゥクリップを装着以前、GIOS FELUCAに付いていたペダルを移植し、そこにトゥクリップを装着
 
これで、ある程度の距離は走れるかと思います。TCC(Tokyo City Cycling)仕様とでもいいましょうか。朝になったら試走してみますかね。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

BRUNO SKIPPER[TCC仕様]