サドル位置を見直して速度向上

saruvera

久しぶりの晴天に、ペダルを漕ぐ脚も軽く自転車通勤。ふとサイクルコンピュータを見たところ、最高速度が更新されていてビックリしました。特にスピードを出そうとしていたわけでもないのにナゼ? 思い返せば、日曜日にサドル位置を調整したのでした。
 
平地走行の最高速度更新これまでの最高速度40.6km/hを大きく上回る43.9km/hを記録
 
サドル位置を見直すことになったのは、「SPECIALIZED ROMIN」の購入時、座骨幅を計測する際に「もっと後ろに座ってください」と言われたことを思い出したからです。そこで、計測器に座ったときのお尻のポジションを改めてイメージしたところ、これまでよりサドル後部へ座るポジションになりました。
 
このように意識的にサドル後部へ座るようになって1週間。当然、従来のサドル位置のまま後部に座ったのでは、脚が上手く回りません。そこで、後部に座っても脚がよく回るようにサドル位置を調整した結果、4mm前方に出す形となったのです。
 
サドル位置を4mm前進サドル位置を4mm前進させたことが速度向上につながった模様
 
サドル位置を微調整するだけで最高速度が大幅に向上するなんて、自転車っておもしろい乗り物ですね。ますます深みにハマること必至です。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

サドル位置を見直して速度向上