Eifuku, Tokyo

神田川を遡上ポタリング[中流編]

saruvera

神田川に沿って断続的に整備された遊歩道を使い、河口から源流を目指す神田川遡上ポタリング。10kmほど遡った高田馬場で一旦、神田川から離れる羽目に。早稲田通りを西走し、ようやく小滝橋で神田川に再会できました。
 
東中野の手前に広がる紅葉小滝橋で神田川に再会。街中をちょこまか走ってきた労をねぎらうように美しい紅葉と出会えました。この上流は遊歩道が続くので、神田川沿いサイクリングを満喫できます
 
西新宿の高層ビル群を左手に進む神田川に沿って新宿区と中野区の境界線を南下。区によって遊歩道の舗装が異なるのがおもしろい。青梅街道を越えると、左手に西新宿の高層ビル群が見えてきます
 
振り返れば都庁神田川は山手通り付近から南西へ。月見橋や花見橋など風流な名前の橋が続く中野区弥生町で、下流を振り返ると都庁が望めます
 
神田川と善福寺川の合流地点中野新橋の住宅街を通って富士見町へ。丸ノ内線操車場の裏手には神田川(左)と善福寺川(右)の合流地点があります。川べりの塀が高いので、見逃すところでした
 
神田川・環状七号線地下調節池の取水施設杉並区に入り、環七にぶつかった先には神田川取水施設がありました。「環七の地下に調節池が完成するまでは神田川がよく氾濫したなあ」と、中野に住んでいた学生時代を思い出すsaruveraでありました
 
和泉から永福は木々が豊かですそして、和泉から井の頭通りを越えて永福へ。杉並区内は木々が茂っていて気分爽快。都内ということを忘れかけます
 
環八に出ると高井戸駅ついに環八までやってきました。井の頭線高井戸駅前のミスドで休憩して糖分を補給。ゴール 折り返し地点は近い!
 
河口から高井戸駅前まで約24km。神田川の源流まであと少しですが、完結編は次回へ引っ張ります。ご容赦! 最後までお付き合いいただければ幸いです。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

神田川を遡上ポタリング[中流編]