サイコンの電池を交換

saruvera

新年早々の休日出勤に、足取りも重くGIOS FELCAを漕ぎだしたところ、サイクルコンピュータに異変が発生。液晶画面にスピードが表示されません。時計などは正常に表示されているので、センサーの位置がズレたのかな? ところが調整しても一向に解決せず。
 
どうやらセンサーの電池が切れて、速度情報がコンピュータ本体まで送られていないようです。ということで、コンビニに寄り道して換えの電池を購入。♪ セブンイレブンいい気分。開いててよかった~(我ながら古いなあ)。
 
コイン電池の規格はCR2032センサー用ボタン電池の規格はCR2032でした。こんな商品もプライベートブランドになっているんだなあ(製造元はソニー)
 
10円玉を使ってフタを開けますセンサーのフタを10円玉で開け、中の電池を新品に交換。作業中、センサーの位置が思いっきりズレました。今年最初のサルっぷり!?
 
前輪を回して動作チェックセンサーの位置を直した後、前輪を回して動作チェック。無事、スピードが表示されました。速度が分かるのと分からないのでは、漕ぐときのテンションが大きく異なりますね
 
このサイコンを購入したのが4月初旬だったハズなので、電池の寿命は約8カ月ということでしょうか。走行距離にもよるのだろうけど、距離は正確な記録が残っていないので分からんちんなのでした。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

サイコンの電池を交換