カーボンフレームのミニベロだとぅ!?

saruvera

ミニベロ GIOS FELUCAに乗る身としては「クロモリフレームでいいじゃない」などとほざいていますが、やはりカーボンフレームは気になります。700Cロードバイクでは一般的だけど、ミニベロにも少数ながら存在するものですね。
 
GARNEAU LGS-MV CGARNEAU LGS-MV C(2010年モデル)
 
そんなミニベロの1台が、GARNEAU LGS-MV C。正確にはカーボンパイプをアルミラグで繋いだフレームで、105を組んだ完成車は総重量7.6kgと軽量です。それ以上に、ロードバイク並みに立ったシートポスト(73.5度)や、何よりカーボン+アルミラグの乗り味が気になります。
 
フレーム単体でも販売しているので最初から自分好みに仕上げられるし、かなり魅力的。でも、2011年モデルのカラーリングは好かないなあ。何よりフレームサイズが410mmだけの展開なので、身長180cmのsaruveraが乗るのはキツイや……。カーボンモノコックフレームの自転車工房ミニベロ451は480mmだしなあ。
 
こりゃ、浮気をせずに510mmフレームのFELUCAに乗り続けなさいという天啓かな?(本日のNGワード=700Cに乗りゃいいじゃん)。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

カーボンフレームのミニベロだとぅ!?