Ariake, Tokyo

BIKE TOKYO 2016 を走ってみた[前編]

saruvera

11月末、東京都内を巡るサイクリングイベントのBIKE TOKYO 2016に、知人の代役で緊急参加してきました。前身イベントの東京シティサイクリングに相方と参加してから早6年。運営者が変わって進行も大幅に見直されたというので、ちょっと気にはなってたんですよね。
 
マイルドに仕上げた 詳細レポートはスポエンCYCLEに寄稿したので、ここではディレクターズカット版を掲載します。
 
愛車 GIOS FELUCA で BIKE TOKYO 2016 に参加知人の連絡を受けて、あわててGIOS FELUCAの出動準備。BIKE TOKYO 2016の走行ルートは、有明をスタートして両国を抜け、神宮外苑や六本木を経由して銀座から豊洲などを巡る約37kmです
 
BIKE TOKYO 2016 スタート会場の風景8:00過ぎに、スタート/ゴール会場の有明・東京臨海広域防災公園へ到着。すでにグループA(8:30スタート組)の人たちが、スタートゲート前に並んでました
 
電動アシスト付き「ドコモ・バイクシェア」がレンタルされる電動アシスト車のドコモ・バイクシェアが公式レンタル自転車として用意されました。1日2000円のレンタル費はともかく、初心者への門戸解放という意味では、いい試みではないでしょうか
 
GIOS FELUCA にゼッケンを装着そろそろ自分もスタート準備をせねば。受付で2枚のゼッケンを受け取り、1枚は背中に、もう1枚は自転車の前部に装着。こうして出走準備をしてると、気持ちが高ぶってきますね
 
BIKE TOKYO 2016 スタート風景渋滞しないように15人程度ずつに区切って数分間隔でスタート。9:40頃、東京臨海広域防災公園から一列になって都道484号の車道へ出ます
 
東京ビッグサイト東交差点から都道304号を北上最初の交差点(東京ビッグサイト東)を左折し、まずは有明通り(都道304号)を豊洲方面へ。晴海大橋南詰交差点から、ゆりかもめに沿って豊洲駅へ向かいます
 
BIKE TOKYO 2016 では曲がる交差点ごとに案内板が掲出右折や左折する交差点には、案内板を掲げたスタッフが立ってくれてます。おかげで、都内に不慣れな人でも道に迷うことなく、安心してサイクリングに専念できます
 
門前仲町から清澄通りで両国まで北上BIKE TOKYOのようなサイクリングイベントは、夫婦や恋人のペア参加者が多いのも特徴。リア充爆発しろ 自転車趣味を家族に理解してもらえる機会に使えると思いますよ
 
第1エイドステーションの横網町公園に到着そのまま進めば、第1エイドステーションの横網町公園に到着。スタート地点からここまでの走行距離は約9.1km。自転車を押し歩きながら公園内を散策し、紅葉を楽しむとしよう
 
エイドステーションでゼッケンをチェック後、補給食をいただく第1エイドステーションの大会テントではボランティアスタッフの方々が、みたらし団子と人形焼を提供してました
 
両国国技館を横目に靖国通りへ向かうそろそろ走行を再開しよう。公園を出て両国国技館の脇を京葉道路(国道14号)まで南下し、第2エイドステーションのある明治神宮外苑へ向かいます
 
神田神保町まで来ると交通量が増えてきました両国橋で隅田川を渡り、靖国通りで秋葉原の南側をかすめて神田神保町へ。かつて通ったY’s Roadお茶の水店は、小川町へ移転したんですね
 
参加者の前に立ちはだかる九段坂そして、やってきました九段坂(平均勾配4%)。電動アシスト車に乗る初心者女子が、同伴のクロスバイク男子をブッ千切る。そんな無残な光景が繰り広げられてました
 
路肩の車両を避ける際はハンドサインを出そうその後は靖国神社南門交差点を左折し、麹町の坂を越えて新宿通り(国道20号)へ。停車車両が増えてきたので、前方走者の動向に注意しないと。出走前にハンドサイン講習をしてほしいなあ
 
立ち漕ぎ自転車ElliptiGOのチームと一緒に四ツ谷を通過四ツ谷の手前で、立ち漕ぎ自転車のElliptiGOに乗る3人組に追いつきました。彼らと連なって新宿御苑トンネルの手前を左折し、外苑西通りで青山通り(国道246号)へ向かいます
 
気がつけば、折り返し地点の第2エイドステーション(明治神宮外苑)は目前。スタートからここまで22km。こうやって走ると都内って狭いよなあ。ともあれ、ルート後半は六本木や銀座を抜けて、ゴールの有明へ向かうことになります。その道中記は、次回の[後編]で。
 
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

ご感想をどうぞ

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE

BIKE TOKYO 2016 を走ってみた[前編]